町田 さくらまつり
芹ヶ谷公園
2017年04月04日(火)


今年(2017年)4月4日は「清明」。
「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」(こよみ便覧)
全てが若返り清々しく明るい季節、空は青く晴れ渡り地上には様々な花が咲き乱れる季節。

4月2日東京の桜満開の発表があったばかり。(4/3相模女子大の花見会では二分咲き程度だった…。
※基準木の花が5〜6輪咲いた状態が開花、約80%咲いた状態が満開=各地気象台職員の目視による判断)
  
  いい天気だった。朝食後の片づけをしながら
「せっかくだから出かけようか。」
どちらからともなく声をかけた。互いに「晴れたら花見」のつもりだったのだ。

広報「まちだ」(2017/3/15号)に紹介されている
”まちだの春の歩き方”を見ながら行き先を検討した。

恩田川、尾根緑道(戦車道路)、芹ヶ谷公園…。駅から歩いて行ける所がいいな。
…というわけで芹ヶ谷公園に決まった。 
春らしいうららかな行楽日和     
     
10時20分頃家を出て電車で町田へ。小田急デパ地下でお弁当を買って歩きはじめた。

頭の中におもりが入っていてフラつく…というか、足元のおぼつかないことのある現在、外歩きの時はずっとポールウォーキング用の
二本杖を使っている。安定して歩けるのは歩行器だけど、人の多い所や段差・坂・未舗装路では意外と使いにくいのだ。

けれどポール(二本杖)もいきなり使えたわけではない。実際に歩くときに使うことで慣れてきたのだ。
シルバーカー、歩行器、3点支持の一本杖、そして二本杖など、歩行補助具の使い分けは別の機会に書こうと思う。  
     
  町田駅・カリヨン広場(東口)から北東方向に進み町田街道の信号を越える。
右に母智丘(もちお)神社を見送れば芹ヶ谷公園小田急線側の入口(中央橋口)が見えてくる。

この公園は谷戸地形の残る窪地にあるため周囲の台地より20mも低い。
今までは考えることもなかった雑木の下り道を怖く感じた。

妻に見守られ時には支えられながら慎重に一歩一歩降りていく。
下で待っている人が
「あわてないで。ゆっくりどうぞ…。」
と言ってくれる言葉を心からありがたく思った。 
芹ヶ谷公園中央橋口     
     
  下りきった所が花木園。芹ヶ谷公園の一番北西の端にあたる。
斜面を雑木がおおい、ちょっとした深山の雰囲気を味わうことができる。

小田急線側の斜面に湧水を見た。
湧き出た水はカキツバタ園の湿地を潤し、小さなせせらぎとなって南東側に流れ下る。 
自然を感じる幸せなひと時     
     
  藤棚のベンチに腰を下ろした。
この公園は駅に近い住宅密集地にあるにもかかわらず静かだ。

耳を澄ますとさえずりが聞こえた。見上げると花をついばむ小鳥(シジュウカラ?)が見えた。 
花(の蜜)をついばむ     
     
  湧き水の流れに沿いカキツバタ園を回ってみた。

よく目立つ黄色い花はキショウブ。
帰化植物で繁殖力が強く、日本の風土に適応して野生化したもの。
「いずれアヤメかカキツバタ」と詠われるカキツバタは自生種を見つけることが難しいという。
 
カキツバタ園     
     
  せせらぎに沿い
花見広場から芝生広場に向かう。

湧き出したばかりの清水が
ここでは音をたてて流れている。
足を止めて見上げれば
空の青に桜のピンクがよく映える。

ホンの短い距離なのに
山を下り里に出たような気がした。 
 
せせらぎ    見上げれば… 
     
  少し広くなった園路には散策する家族の姿が目立つ。
赤ちゃんや幼児だけでなく、お年寄りや杖を突きながら散策する人の多いことが良い。
住宅の密集する町のど真ん中、芹ヶ谷公園は市民の貴重なオアシスになっている。

大池を過ぎトンネル手前の冒険広場付近まで来ると辺りはいっそう開ける。
今は春休み中。ファミリーに混じって小学生から中学生くらいの姿も目立つようになった。 
芝生広場から大池へ     
     
トンネル手前の花壇には色とりどりに咲く花も多い。
どのアングルが良いだろう? …ボク等も立ち止まり、かがみ込んだり伸びあがったりしながらではカメラに収めた。  
     
     
ソメイヨシノ  クリスマスローズ  キブシ 
     
 
車道のトンネルを抜けると多目的広場。
今までの雰囲気が一気に変わる。
まるで山から都会に来た気分。

「まちだ桜まつり」が開催中で、
花見を楽しむ人の姿をあちこちに見る。
でも桜は三分から四分咲き。

あと2日〜3日、暖かな日が続けば
満開(八分咲き=見ごろ)となるだろうか。 
 
多目的広場で    花見を楽しむグループ 
     
虹と水の広場。
大きなシーソーがゆっくり傾きながら水を落とす動きを飽きずに眺めた。  
     
     
 流れに従う… ゆったりした動きが…  心を和ませる 
     
  よく整備された石畳の水路。その先に国際版画美術館が見える。

公園の北の端から南の端まで。源流部から流れに沿って近代建築物の建つ都会へ。
「ずいぶん山の中を歩いてきた気分だね。」 …つぶやきが自然に言葉となって出た。 
 国際版画美術館    
     
   ちょうど12時だった。
陽だまりのベンチに腰を下ろし昼食にした。

崎陽軒の「春」べんとう。
陽だまり、桜、色とりどりに咲く花々。

春を満喫しながら食事した。
 
崎陽軒の…    春べんとう 
     
  食事のあと、
美術館裏手のゆるいスロープを上る。

雑木の遊歩道は
ちょっとした山道を思わせて気持が和む。

左斜面の下に木道が見えた。
日本庭園風回遊路だという。

上りきった所が森の丘。
JR原町田方向から便利な中央口。 
 
車椅子も可能なスロープ    森の丘(芹ヶ谷公園中央口) 
     
  中央口(文学館口)から原町田大通りへ。
原町田5丁目交差点近くの
枝垂れ桜が満開だ。

知っている人が訪れるだけのシダレザクラ。
有名すぎではないところが気に入っている。 
 
公園側から    駅側から 
     
  町田から電車に乗って大野へ。
まだ13時47分、いったん家に戻り17時頃買い物に出た。

その帰り、共有廊下から西を見ると
丹沢前衛・小倉山方向にちょうど日が沈むところだった。
冬至のころはもっと左、大山の肩あたりだった。
陽の沈む位置がずいぶん西に移動してきた。

春はますます近づいている。
今日の夕日の美しさは明日も晴れることを約束している。 
 明日も晴れ    
     

     
「ようこそ! 秩父・甲斐・多摩へ!!」のページへ  Top