素晴らしい展望、長大な尾根
三条ノ湯〜
雲取山〜石尾根〜奥多摩駅




(ボクの住む家からは)「交通の便が悪くて遠い」という思いこみから、今まで一度も行ったことのなかった奥多摩・雲取山に登ってきました。
 実際に出かけてみると、時間的にはわずか3時間ちょっとで登山口に到着。雲取からの素晴らしい展望に、これからもちょくちょく出かけてしまいそうです。




【登山日】2000年10月7日(土)〜8日(日)

【行 程】7日(土) JR奥多摩駅9:25…(バス)…留浦10:00/10:05…
           お祭10:35…塩沢橋11:35/11:50…林道終点12:45/12:55…
           三条ノ湯1:30(泊)
     8日(日) 三条ノ湯6:00…青岩鍾乳洞分岐6:25…三條ダルミ8:10/8:20…
           雲取山8:50/9:30…奥多摩小屋10:00…七ツ石山10:35/10:45…
           鷹ノ巣避難小屋11:50/12:10…鷹ノ巣山12:30/12:40…
           六ツ石山1:50/2:05…奥多摩駅3:55

【同行者】単独




10月7日(土) 晴れ

 6時30分に家を出る。小田急−横浜線−八高線−青梅線と乗り継ぎ、奥多摩駅に着いたのは8時58分。奥多摩湖方面や日原方面へは臨時バスが出ているが、ボクの乗る留浦方面は定時の9時25分発だ。10時ちょうどには鴨沢西まで行くバスもあるが、待ち時間が長すぎる。

 バス停に荷物を置いて時を過ごす。電車が止まる度に多くのハイカーが降り、それぞれの目的地に向かうバスに乗り込んでいく。いつの間にかボクの後ろにも長い列ができていた。

 9時25分バスは定刻に発車した。かなり混雑していたが途中のバス停で降りるハイカーも多く、終点まで乗り続けていたのはおよそ半数だった。

 10時に留浦に到着。ザックを背負い、車のびゅんびゅん通る青梅街道をお祭に向かう。この街道は乗用車だけでなく中型や大型のバイクも多い。ボクの愛用の50ccバイクではちょっと力不足だが。

 10時35分、お祭に到着。6時52分奥多摩駅発丹波行きのバスに乗ることができればここまでは歩かずに済むのだが、この一番バスに乗るのは家からだとちょっとムリ。


 お祭バス停のすぐ先から、後山林道に入る。
 長い長い林道歩きが続くが、アスファルト舗装されていない分、足裏にはやさしい。

 紅葉にはまだ早い林道を黙々と歩く。時々乗用車に追い抜かれるのがちょっとしゃくだが…。
後山林道入り口。


 11時35分塩沢橋。林道歩きのちょうど中間あたりか? 塩沢におりて少し休憩。この間にも何台かの乗用車が通り過ぎていく。

 休憩の終わったボクは黙々と歩き続ける。路肩に駐車している車がチラホラと見え始めた。登り続けるのにつれてその数は多くなっていく。(車は便利だけれど、もとの場所にもどらなければならない。)…なんて思いつつ歩いていたら、12時45分いつのまにか林道終点に着いていた。


 パンと水、デザートにミカンとチョコのちょっと遅い昼食。樹木の梢越しにひときわ高く見える稜線は飛竜山方面だろうか?

 ここから三条沢に沿い本格的な登山道に入る。しかし急坂は最初だけで、あとはほとんど上り下りのない原生林の広がる気持ちよい道だ。
林道終点から飛竜山につながる稜線を見上げる。


ょっと開けた河原に小さなワサビ畑とテント場があらわれると、石垣の上にそびえるように三条ノ湯が見えてきた。

 1時30分三条ノ湯。
温泉を沸かす煙の上がる三条ノ湯。


 受付を済ませると「すぐ温泉に入れます」とのこと。まだだれもいない「三ッ山」にザックを置いてさっそく温泉に入る。

 この温泉は沸かし湯だ。ちょっとぬるめだったが、透明でサラッとした湯船を独り占めして肩までつかると幸せな気分だ。

 何人かが入ってきたところで上がり、まずはビール。
肩までつかると幸せな気分。


 到着が早いから時間はたっぷりある。サンダルをつっかけてあたりを散策したが、夕飯までまだまだだ。

 30畳ほどの部屋の真ん中でごろんとしているうちに、人もだんだん増えてきた。あちこちから聞こえてくる話し声を聞くともなく聞いているうちにやっと夕食の時間になった。


 食堂に行く。

 ヤマメ(?)の甘露煮、コンニャクにがんもどき、そして何と言っても「山採り」のマイタケの天ぷらにお吸い物。

 普段はあまり食べないボクも軽く2膳目のおかわりまでしてしまった。
採り立てのマイタケがうれしい小屋の夕食。


 夕食の後布団が敷かれた。畳1枚に一人分ぐらいだろうか、寝場所が決まったところでもう一風呂。今度は湯口からたっぷりのお湯が出ていて芯から温まることができ、7時には布団にもぐり込んだ。

 ところで寝る前に小さなハプニングがあった。ほとんどの人が布団に入り、中にはかすかな寝息をたてている人もいた8時ごろ、酔っぱらった3人ほどのグループが声高に話しながら部屋にもどってきた。「オレの布団はどこだ。」「みなさん、まだ8時ですよ。」「歌でも歌いませんか。」などとわめいている。

 さすがに「しっ、静かに」という声が上がった。「うるさい!」とか「本当だ!」とかいう声に、「まだ消灯前だ。」とかブツブツ言っていたが、9時になって電気が消える頃、やっと静かになった。

 どんなに飲んでもかまわないが、自分をコントロールできないのは山ヤとしてちょっと恥ずかしい態度だと思う。




10月8日(日) ガス

 ハプニングはあったが、疲れを温泉でときほぐしたこともあり、温かい布団でぐっすり眠ることができた。朝食の始まる5時30分にはすっかり目を覚まし、身支度まで整えていた。

 朝食は軽く一膳、生卵をしょう油でといてスルッと食べ終わってしまった。軽いストレッチの後出発は6時。


 三条沢にかかる橋を渡ると、青谷鍾乳洞分岐まで急坂が続く。

 分岐を過ぎ尾根を回り込むと原生林の広がる気持ちよい道だ。

 水無尾根の東斜面に沿い緩い登りが続く。途中、刈り払われた尾根上で一休み。三ツ山から飛竜山にかけての尾根がくっきりとスカイラインを描いている。
原生林に包まれた気持ちよい登山道を行く。


 登りはまだ続く。所々に石や岩があらわれるが、全体としては原生林の中を行く気持ちよい登りだ。右手樹林越しに石尾根が見え隠れしている。

 水場に7時20分。軽く喉を潤し登り続ける。あたりはカラマツ林に変わり、ほとんど水平な道を坦々と進む。


 8時10分三条ダルミ。

 南面が開け、富士山がうっすらと顔をのぞかせている。そのすぐ右手前に見える山稜は大菩薩嶺だろうか? 

 何人もの登山者が休んだり写真を撮り合ったりしている。ボクもザックを下ろしてミカンを一個。
三条ダルミから富士山を見る。


 出発は8時20分。カラマツにおおわれたかなりの急登だ。

 標高差260mを一歩また一歩。30分後には避難小屋の建つ山頂の一画に飛び出した。

 山頂から石尾根に続く尾根は防火帯として樹木が刈り払われ、明るい草原が広がっている。その向こうにひときわ高く見えるのは鷹ノ巣山だ。
防火帯の向こうに鷹ノ巣山を見る。


 一等三角点のある山頂は、ここからわずか100mほど先にある。

 8時50分雲取山の山頂(2017.1m)に立つ。
富士山をバックに…。


 少し色づいた樹木の向こうに飛竜山。延々と続く尾根の先に甲武信岳。更に遠くに霞むのは南アルプスだ。

 三条小屋で買ったビールで乾杯しながら、申し分ない展望を心ゆくまで楽しむ。


飛竜山方面を見る。 甲武信岳方面を見る。


 30〜40分も過ごしただろうか、山梨県側からガスが上がってきて、たちまち辺りをおおってしまった。

 座っていると寒ささえ感じる。

 9時30分に山頂を後にする。
上の写真と同じ位置だが…。


 つい先ほどまで見晴らしの良かった石尾根も、今は濃いガスに包まれている。小雲取山がどこか気づかないまま富田新道の分岐を左手に見送り、どんどん下る。

 10時奥多摩小屋。煙突からうっすらと煙が上がっている。しかしこの小屋は自炊専用の山小屋だ。布団や毛布はあっても食料は自分で運び上げなければならない。


 カラマツの広がるほとんど平らな道をなおも下り続ける。

 尾根上は防火帯として刈り払われているため明るく眺めが良い。

 ガスの切れ間から右手方向に常に富士を見ながら下ることができる。
ガスに包まれたカラマツ林を行く。


 ブナ坂からわずかな登り、10時35分に七ツ石山(1757.3m)。

 誰もいない山頂で10分ほど過ごす。

 ガスが無ければ雲取山や富士山が美しく眺められるはずだが…。
七ツ石山で…。


 七ツ石神社のすぐ先、七ツ石小屋に下る道を右手に見送り、石尾根を更に下る。…といってもほとんど上り下りはない。

 千本ツツジ、高丸山、日陰名栗峰と自然林の気持ちよい道に沿いながら南面を巻いていく。


 11時50分、明るく開けた草原の一画に建つ鷹ノ巣避難小屋に到着。ログハウス風の立派な小屋だ。

 ベンチにザックを下ろし昼食休憩にしよう。パンとミカン。デザートは一口羊羹にチョコ。

 今回は炊事道具は持ってこなかったから、飲み物は水でガマン。
明るく開けた草原に建つ鷹ノ巣避難小屋。


 食事をとったら出発だ。12時10分明るく開けた防火帯に付けられた登山道を行く。急登もわずか20分の頑張りで12時30分に鷹ノ巣山(1736.6m)に着く。

 山頂には大勢の登山者が休んでいた。

 鷹ノ巣山は縦走途中のピークとしてだけでなく、この山だけを目的に登る登山者も多いという。うっすらとしたガスの向こうに富士山、その手前に奥多摩の山々、振り返れば雲取山も望むことができる。こうした雄大な展望を得られるだけでも登る価値のある山だ。


鷹ノ巣山から富士山を見る。 雲取山を振り返る。


 12時40分出発。

 水根山は標識がなければ山頂とは思えないゆるやかな頂だ。急坂を下って再び平らな道になる。

 下るにしたがって再びガスが濃くなってきた。防火帯のまわりの自然林がガスに包まれ幻想的だ。

 将門馬場に気づかないまま北面の尾根を回り込み、1時50分に六ツ石山への分岐に着く。
防火帯を下る。ガスに包まれた原生林が幻想的だ。


 分岐にザックを置き、わずか5分の登りで六ツ石山(1478.9m)。ガスにつつまれ展望の無いことが残念。

 三角点にタッチしたら分岐までもどり2時5分に出発。
六ツ石山で…。


 狩倉山から急坂を下る。三ノ木戸山の北面を巻き再び急坂。三条ノ湯を出発してもう9時間を越えようとしている。長い石尾根の下りに足の疲れも感じ始めてきた。

 長い長い単調な下り。杉の植林帯を過ぎると廃家があった。氷川の町並みも見える。あと少しだ。

 3時25分、林道に出る。アスファルト舗装された林道を少し下ると羽黒神社経由の近道があった。足を引きずるように下っているハイカーを何人か抜く。神社前の急坂を下りようやく青梅街道に出た。


 日原川にかかる橋を渡り、奥多摩駅に着いたのは3時55分。

 長かった石尾根の下りもようやく終わりを告げる。
JR奥多摩駅。長ーい下りもようやく終わる。



ページのTOPへ
「ようこそ! 奥秩父・奥多摩へ!!」に戻る