北高尾山稜
八王子城址−堂所山−明王峠−矢ノ音山・南尾根
2003年1月2日(木)




 1月2日(木)、初登りに出かけました。歩いたのは北高尾山稜。八王子城跡−北高尾山稜−明王峠−矢ノ音山・南尾根…というコースです。
 メインである奥高尾縦走コースに比べると、本当に静かな山稜ですね。昨夜降った雪の上に(1cm〜2cm程度の積雪ですが)、初めてのトレースをつけるというステキな山旅となりました。


【登山日】 2003年1月2日(木)  天気 快晴

【マップ】 昭文社エアリア「高尾・陣馬」
      カシミール+山旅倶楽部ダウロードマップ「矢ノ音山周辺」

【行 程】 JR高尾駅8:15…(バス)…霊園前8:25…八王子城址広場8:40/8:45…
      八王子城址9:15…富士見台9:50…狐塚峠10:40…
      杉ノ丸11:10/11:20…大嵐山11:45…関場峠12:10…
      堂所山12:45/13:05…底沢峠13:15…明王峠13:25/13:40…
      矢ノ音山14:00/14:10…(南尾根)…車道14:50…JR相模湖駅15:10

【メンバー】 単独




 町田−八王子と乗り換えて、高尾駅には8時12分に到着。バスターミナルに向かうとすぐバスが来た。車外アナウンスが「…方面の方」と言うのを聞いて行先も確かめずに乗ってしまった。動き始めたバスの中で運転手に確かめる始末。

「あのぅ、八王子城址に行くにはどこで降りればいいんですか。」
「霊園前です。」

この運転手は停留所で降りるボクに、
「この先の信号を左に行けばいいんですよ。」
と親切に教えてくれた。
「ありがとうございました。」
という言葉が自然に出てきた。


 8時25分、霊園前でバスを降り歩き始める。道にはうっすらと雪が積もり所々凍っている。家々の屋根も周りの雑木の下も真っ白だ。

 アスファルトの道は山道より滑りやすいからちょっと慎重になる。それでも8時40分には城跡広場に着いた。案内板のある広場には雪が積もっている。まだ新しい2〜3人分の足跡が残っている。先行者がいるようだ。防寒具をザックに入れたら8時30分に出発。
八王子城跡広場には雪が降り積もっていた


 広場の右手を緩く登っていくとすぐに鳥居があった。短い階段を上ると正面に旧道、左に新道の表示がある。足跡は新道に向かっている。ボクも左に向かう。尾根を回り込む先端に再び鳥居があった。この鳥居をくぐって尾根に乗る。

 やや急な石段を登ると金子丸。平らな尾根を少し進んでまた登り。旧道が右手から上がってくる辺りで先行者に追いついた。おばさん3人のグループだった。


 左斜面をトラバースする辺り、左方向が刈られ都心方面の眺めが素晴らしい。このすぐ先に東屋があり、石段を登った所に八王子神社が祀られている。

 神社の右奥に階段があったので登ってみる。2〜3分で本丸跡に出た。9時15分、社が祀られている小さなピークだった。
八王子神社。右裏に本丸跡に向かう階段がある


 さて、本来のルートは八王子神社の手前から左に回り込む。引き返すのももったいない気がして本丸跡の西側を探ってみると、うっすらと雪の窪みがある。この踏み跡を辿りダイレクトに下ることにした。

 かなり急斜面だ。木の枝に掴まったら降り積もった雪がザザッと落ちてきた。本来のコースに出たとき(駒冷場付近か?)、帽子もザックも雪まみれになっていた。雪を落としている時、先ほどのグループが追い着き、追い抜いて行った。

 すぐに追いかけるのもなんだから、5分ほど休憩してから目の前の尾根に取り付く。天守閣跡を9時35分に通過。小さく下った大岩のある辺りで追いついた。
「急行列車がきますよ。」
と言われて、
「そんなに速くないんですけど…。」
と返しながらも道を譲ってもらう。

 譲ってもらった道の先に誰の足跡もなかった。昨夜降り積もった処女雪に最初のトレースを付けるのはボク! (1cm〜2cm程度だが。)


 ひと登りで三叉路のピーク。9時50分、正面・小仏峠の上に真っ白な富士山が見えた。展望を楽しんだら道標に従って右折、堂所山に向かう。

 小さく下ってゆるく登り返せば三角点のある杉沢ノ頭。周りは樹木におおわれて展望はない。尾根は左に折れて下っていく。正面のピークがものすごく高く見える。

 影に入ったためか雪は踵ぐらいになった。真新しい雪面に自分のトレースを付けていくのは楽しい。アッという間に最低鞍部。短いけれどこの登り返しが少しキツい。境界見出標NO285支1の少し先、NO286のピークにベンチがあったがそのまま進む。
富士見台ピーク。名前の通り富士山が見える


 木々の間から左手には丹沢山塊・右手後方には都心方面を見ながら小さなアップダウンを繰り返す。10時30分滝ノ沢林道に飛び出す。「城山3.2km 景信山7.4km 堂所山4.8km」と書かれた標識があった。林道には降りずそのまま尾根伝いに進む。10時35分板当峠、10時40分狐塚峠を通過。それぞれの峠からはいずれも左手に小下沢林道に下る道が付けられている。

 狐塚峠からは、林道を離れて急な登りに変わる。登り切った小さなピークの枝越しに、大岳のあの特徴ある山容が見えた。小さなアップダウンの繰り返しだが、足下の新雪も、枝越しに見る丹沢や奥多摩・奥秩父の山並みも楽しい


 11時10分杉ノ丸。北から東方向が開け、新宿や池袋の高層ビル群まで見える。市街地の広がる北方向にうっすらと三角形の山並みが見えた。ひょっとして筑波山?

 雪の上にザックを下ろして一息入れているとき、堂所山方面から一人の登山者が登ってきた。朝7時に相模湖駅を出て、堂所山からは新雪にトレースを付けながら来たという。目的地がお互いの出発点だから登山道や雪の情報を交換し合う。積雪は2cm〜3cm程度、靴の底に張り付いて…。ストックでたたき落としながら彼は言った。
杉ノ丸。北から東方向の眺めが素晴らしい


 「それじゃ、気を付けて…。」と山頂を後にしたのは11時20分。植林帯の急坂を下り登り返したピークが大ドッケ。夕焼けふれあいの里方面からまだ新しい靴跡が登ってきていて、堂所山方面に向かっていた。


 小さく下って岩混じりの急坂をひと登り。雑木の小さなピークに出る。今までのピークはヒノキなど植林混じりだがこのピークは葉を落とした雑木が主体なので明るく感じる。

 東方向が刈られ、辿ってきた稜線が見渡せた。南には景信山が間近に見える。

 一人の登山者が休んでいた。先ほどの足跡=ふれあいの里から登ってきた登山者だった。
標高610m付近のピーク


 雑木が主体の尾根道をゆるく下っていく。落ち葉の上にうっすらと積もる雪を踏みしめる音がカサカサと響いて心地よい。左斜面に植林があらわれるころベンチのあるピークに着く。標識には大嵐山と書かれていた。11時45分。堂所山まであと2.8kmだ。


 左に植林、右に自然林を見ながら尾根道を進む。11時50分送電線鉄塔を通過。急な階段道を登って12時三本松山。尾根は次第に左にカーブしていく。

 小さなピークを越えて下っていくと12時10分関場峠。左下に小下沢林道の終点が見える。堂所山まで1.3kmの表示。ひと息入れただけで先に進む。
関場峠。左下に小下沢林道がある


 植林帯の急な道を過ぎると道は左にカーブし、笹原のゆるい登りに変わる。右手雑木の枝越しに富士山が見えた。登り切ったピークから方向を右に変える。

 12時45分堂所山。ベンチにザックを下ろしたら、枝の隙間から望遠気味にして富士山雲取山方面をカシャッ!
堂所山。木の枝越しに富士山や雲取山を撮る


 北高尾山稜最後のピーク、堂所山では静かな雰囲気を期待していた。しかし山頂のベンチには父子3人のグループがいて、子はシートの上に寝そべってゲームボーイ(?)、父は大きなアンテナを立てて無線交信の真っ最中だった。大きな声で休み無く交信しながらメモを取っている。携帯電話と同じで、すぐ目の前に人がいるのに、こちらは何となく無視された感じ…。昼食を兼ねて20分もこの山頂にいたのだが、このグループとは結局一言も言葉を交わすことがなかった。


 山頂出発は13時5分。右手にほぼ水平に進んだ後、急な坂を下って奥高尾縦走路に合流する。多くの登山者が歩くためか登山道中央は踏み固められて凍っている。今までのマイナーな道よりスリップの危険がありそうだ。

 右手に大岳〜御前山のすっきりした稜線を見ながら緩く登っていく。

 13時15分底沢峠。変則的な十字路になっていて手前(城山側)には底沢に下る道、20mほど先に陣馬高原下に下る道が付けられている。底沢に向かう登山道にはまだ誰の足跡も残されていなかった。
底沢峠。(底沢側の標識)


 植林帯の中を緩く登っていけば、急に視界が開けて13時25分明王峠に出る。正面・御正体山の上に富士山が大きい。丹沢は逆光の中で灰色のシルエットを作る。富士山の右は三ツ峠山。南アルプス赤石岳が白く霞む。扇山は木々に隠されて一部しか見えない。

 閉まっている茶屋のベンチで休んでいるボクの前を、何人もの登山者が行き交っている。その誰とも軽く会釈を返しあっている。
明王峠。茶屋は閉まっていた


 ポットの白湯を飲みながら充分休んだ。出発は13時40分。

 陽の当たる階段部分は、雪が融けたところを大勢の登山者が歩いているからグチャグチャだ。スリップしたらちょっと悲惨。それでも日陰に入ればまだ雪が残る。

 林道に出るすぐ手前にたくさんの小石が積まれている塚があった。「明王峠・石投げ地蔵嬢ヶ塚」という看板と説明文があった。「戦国時代、常陸に住む姫が乳母・従者と共に生き別れの母に会うために甲斐の国に向かったが、大変難儀な旅であった(要旨)」と書かれていたが、「何のために塚があるのか」が書かれていなく、ちょっと説明不足な感じがした。
石投げ地蔵嬢ヶ塚。説明板もある


 13時50分林道を横切る。ゆるく登っていくと5分ほどで矢ノ音分岐に出る。右は吉野を経て藤野駅、左は与瀬神社を経て相模湖駅に下る道。

 与瀬方向に10mほど進み登山道が左にカーブする手前から正面の尾根に入る。誰の足跡もないか…と思っていたら、真新しい靴跡が左手(与瀬側)から登ってきていた。
藤野駅・相模湖駅の分岐。ボクはその中間を下る


 踝ほどのササと灌木の中、緩く登っていく。

 14時矢ノ音山。「矢ノ音山頂(633m)」と書かれた標識と、右方向を指して「吉野、藤野駅」、手前方向を指して「明王峠、陣馬山」と書かれた手作りの標識があり、足跡は吉野方面に続いていた。振り返ると木立の隙間に陣馬山に続く茶色の稜線が高く見えた。さてこのピークの南尾根を下りたいのだが…。

 南方向に向かって右手は吉野に下る先行者の靴跡がはっきり残されている。

 左手は灌木と植林の境目辺りに古い踏跡がうっすらと残されている。

 そして正面、植林帯の中は…。あった。赤と銀のキラキラ光るマーキング。立木の黄色いペンマーク。そしてはっきりした踏跡。
訪れる人もまれな矢ノ音山


 周りを偵察した後14時10分、正面植林帯の中を下る。

 急坂を2〜3分で下りきると緩やかな下りに変わる。所々にピンクのテープも見られる。緩い上りの後小さなピークからマーキングに従って正面やや左の尾根に入る。下り主体だが小さな登りもある。

 この辺りまでくるともう雪はなく、カサカサと落ち葉を踏みしめる音が心地よい。左右に見える尾根がずいぶんと高くなった。
落ち葉を踏みしめながら…


 右手に若いヒノキの植林を見ながら下っていくと、14時40分右手に立派な社があった。辺りの風景も里山的な雰囲気に変わっている。

 中央高速を走る車の音が聞こえてくる。左手前方に相模湖の湖面がチラチラ見え隠れしている。

 右に小さな社を見てすぐ、民家の裏から車道に出た。14時50分、エアリアで言えば横橋地区の「横」という漢字の辺りだった。車道の脇には5体ほどの道祖神が祀られ、下ってきた道の入口に灯籠と鳥居があった。
里山的な、どことなく心安まる風景…


 右手正面に相模湖と石老山を見ながら淡々と歩く。中央高速を越えてすぐ、甲州街道に出る。渋滞気味の列の脇を淡々と歩く。

 相模湖駅が近づいてきた。さぁ、かどやに入ったら大盛りの野菜炒めでいっぱいやるぞ。
相模湖の向こうに石老山を見ながら…


 15時10分相模湖駅。しかしお目当ての店は閉まっていた。代わりに駅正面の喫茶店に入る。まずビールで乾杯! 窓の外を通る登山者を見ながら、野菜煮込み、生野菜をつまみに大瓶だけでなく小瓶まで追加してしまった。

 顔がだいぶ赤い。冬だから「陽に焼けた」という言い訳は通らないナ。しかし今日はまだお正月だから、少々の赤ら顔でもかまわないか…。

  15時59分東京行きの電車は少し遅れて到着。車内に空席はなく乗客の大半は登山姿だった。お正月にもかかわらず、山に登る人はやっぱりいるんだね。
JR相模湖駅