丹沢エコツーリズム担い手育成講座
2期生有志 定例学習会


葛葉川ふるさと峡谷 探検隊
足跡や食痕から動物の情報を読みとる
2009年5月17日(日)


蛇行する葛葉川に沿う「葛葉緑地」を「探検」しました。
あいにくの雨、雨具を着けての探索となりました。
今日の講師は、味埜真理さん(「くずはの家」指導員)。










住宅の密集するど真ん中に


こんなにステキな一画がある それが「葛葉緑地」(葛葉川ふるさと峡谷) 探検隊」結成! さぁ出発だ!!


オトシブミ発見 高台から俯瞰する アカネズミの食痕、発見


 動物の痕跡を次々に発見。

 「探検隊」は、高台から葛葉川に降りてきました。
 深さは10cm〜20cm程度。底が透き通っています。長靴を履き、流れの中をジャブジャブ進みました。ちょっと子どもに還った気分・・・。

 さぁ、何が発見出来るかな・・・?
 
「探検隊」は進む。オヤ、これは何だ? もっと上流に進んでみよう


足跡だ、これはタヌキかなぁ・・? 水が湧き出している 茶色ですべすべした岩


 先ほどの高台から見えた住宅街を、今度は川べりから見上げます。こんなにも家々が間近に迫っているのに、葛葉川の周囲は深山の趣があります。

 右の写真、本来の流れはもっと左にあったそうです。昨年9月の大雨で、一夜で流れが変わったとのこと。優しげな自然も、いったん牙を剥いた時は恐ろしい・・・。
密集する家々 川の周囲は深山の趣


地層が見えます 「正断層」との表示がありました 「吉沢層」と呼ばれているそうです


「くずはのつり橋」が見えてきました 足跡発見。この動物はどっちに向かった・・・? 「探検隊」はなおも進みます


 斜面から水が湧き出しています。辺り一帯は「ほたるの里」として整備されていました。

 ゲンジボタルの一生
 成虫【体長13〜15mm】(5月中旬〜6月下旬)→【体長0.5〜0.6mm】(5月中旬〜7月頃)→
 1齢幼虫【体長1.5mm】(7月頃)→終齢(7齢幼虫)【体長25〜30mm】(11月中旬)→
 【体長13〜16mm】(3月下旬〜4月上旬)→成虫
ほたるの里


 上流にもかかわらず、葛葉川には汚れが目立ってきました。所によっては異臭さえ漂います。生活排水の臭いです。

 川に降りた附近の流れがキレイだったのは、周囲からの湧き水が川の流れを浄化していたからです。自然の浄化が追いつかなくなった時、ほたるも住めない川になってしまいます。

 ほたるの住める環境を作る、それはヒトにとっても住みやすい環境を作ることにつながります。

ほたるの道を上がって くすの木広場へ


 研修室で簡単な「まとめ」を行いました。見つけた足跡や食痕はシカ、イノシシ・・・など。

 住宅地に囲まれた緑の一画。この「葛葉緑地」は、昭和62年3月に「かながわのナショナル・トラスト第1号」に指定されました。

(※かながわのナショナル・トラスト:
市街地とその周辺のみどりをできるだけたくさん、次の世代に引き継いでいくために、県民・企業・行政が一体となって進めている県民運動)

 自然に働きかけ、開発を進めるのはヒトです。そして過度の開発(自然破壊)を食い止め、自然を守るのもヒトの役割です。そして現在、後者の役割がますます重要になってきています。
研修室 さようなら、また来てね・・・




「くずはの家」 webページ




Top
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ