沢登りの基礎
新茅の沢
2010年05月08日(土)〜09日(日)


F2(7m)




このところ思うように動けなくてモヤモヤしている。
何かに集中したい、神経を研ぎ澄まし夢中になれる何かをやりたい。
ふと思い付いて県岳連のHPを開いた。あった、今年もやっている。
即申し込みの電話を入れた。実施日一週間前の出来事。




1日目:5月8日(土)


 大学生のサークルだろうか、20人ほどの大集団が乗り込みバスはとても込んでいた。大倉で降りたら「小さな庭の見本園」の見える草原に腰を下ろして昼食。先程の若者達がボクの脇を通り東屋の近くで円陣を作っている。どことなく聞こえてくる会話や笑い声に若さと華やかさがある。青春…あんな時代、ボクにも確かにあったナ。彼らの歓声を背中で聞きながら風の吊り橋を渡った。

 まだ早いけれど受付を済ませる。研修室の椅子に座り時間を待つ。入ってくる参加者、あれ、以前お会いしたことある人だな。あれっ、あの人も…。目が合って軽く黙礼、そういう人が3〜4人いた。今年初めて参加する登山教室だが見知った人のいることが心強い。

 12時30分開校式。講師挨拶、参加者自己紹介。外に出ての実技研修。基本は「8の字結び」。結んではほどきほどいては結び、近くの人と確認し合って…を何度も繰り返す。それから「ダブル・フィッシャーマン結び」、「ブルージック結び」、「インク・ノット」を繰り返す。沢登りの研修はほぼ1年ぶり。何回か繰り返すうちに思い出してきた。手や指が自然に動けばしめたもの。そうはなかなか行かないが結ぶ感覚は何となく取り戻すことができた。


 ミニクライミングウォールでバランスの取り方を練習する。2mの高さを乗り越える、バランスを取りながら横に移動する。

 感覚をつかんだ所でクライミングウォールへ。目標は高さ10mにセットしてある支点まで。

 腕力では登らない、足で登ること。かかとを下げ、接地面を多くとること・・・。原則は分かっていても体がなかなか動かない。それでも昨年度よりはスムースに登れるようになった…と思う。
ミニクライミングウォール クライミングウォール


 17時。再び研修室に戻り机上講習。沢登りの基礎や注意事項、新茅の沢の概念を聞く。

 講習が終われば夕食準備。山岳スポーツセンターは自炊施設が整っている。みんなで作業を分担し仕事を進めれば早い早い。スキヤキ鍋がもう出来上がった。

 ビールで乾杯! 飲みながら講師や近くの人との会話が弾む。
「まぁ飲めや」
「はぁ、遠慮なく…」。
それにしてもみなさんお酒が強いね。

 あと片付けも大勢の力であっと言う間に終わった。その後22時の就寝・消灯まで熱心な人たちの語り合いが続く。
まぁ 飲め! 語り合いが続く




2日目:5月9日(日)


 5時、あちこちから目覚まし時計の音が聞こえる。みんな一斉に起きる。シーツ、枕カバーは畳んで廊下に、布団やマットは所定の場所に。

 もう厨房に立っている人もいる。朝食はうどん。みんな手際がよい。誰もが自分の仕事をみつけて働いている。

 朝食、後片付け、洗面と済ませ、5時50分には全員が玄関前に集まっていた。
時間前なのに集合できている


 挨拶、荷物の確認、ストレッチ…を済ませ出発は6時03分。竜神の泉6時33分、烏尾尾根登山口(新茅山荘)7時03分。ポイント通過が30分-30分の丁度よいペースだ。

 広場で沢装備。ハーネス、カラビナ、シュリンゲ…。互いに見合って確認する。準備OK、出発は7時25分。

 新茅山荘は開いていて、奥に数人のお客さんが見えた。
烏尾尾根登山口


 5分ほど歩いて新茅の沢。沢に下りワラジを履く人の講習会。今は沢シューズが何種類も出回っているけれど、フリクションはワラジが最も優れているとのこと。緒、乳、カエリ。・・名称も面白い。

 全員の支度が整った。橋の下をくぐり、少し薄暗い印象の渓に踏み出す。

 すぐに3mほどの滝。左が階段状になっていて岩の感触を楽しみながら登れる。
ワラジを履く人も… 遡行開始。すぐに3mほどの滝


F1(7m)。順番待ちの間、先行者をじっくり観察する。

F1(7m) 左から抜ける 水の白と 若葉の緑が美しい


 すぐにF2。これも落差7mほど。左から越える。

 沢登りが初めてという人がチャレンジしている。手をそこ、足を少し右へ・・。講師がアドバイスする。ジリッジリッ、3mほど登ったところで足が滑った。落下。いや、ちゃんとロープで確保されている。体はぬれたが体制を整え再びチャレンジ。上部のトラバースも無事乗り切った。

「ロープダウン!」
さあ次はボクの番。先行者の動きを見ていたし、ルートのイメージもしっかり描いていたので比較的スムースに通過できた。
F(7m)


見守る  上部トラバース  落ち口から見下ろす


F3、F4を快適に越え、ゴーロ帯に入る
F3(4m)  振り返る  ゴーロ帯を進む


 F5(12m)が見えた。別のグループがチャレンジしている。中間まで登っている先行者。慎重に、しかし着実に。

 完全にシャワークライム。
F5(12m) 登っているのは先行グループ


 時間がかかりそうなので、ボクらは全員左側から巻く。しかし巻き道も一般登山道と違って決して安全ではない。セットされたロープにシュリンゲとカラビナを通し、身の安全を確保しながら高巻く。

 支点での掛け替え、講師に聞いた時はちゃんとできるのに自分でやるとうまくできない。何度も練習し体に覚えさせるしかない。落ち口へのトラバース。木の根をつかんで慎重に…。

 19名全員が登ってくるまでに少し時間がかかった。その間小腹を満たしたり附近の受講者と雑談したり…。でも講師陣は最後の受講生が上がるまでずっと確保を続けている。上がりきった後もロープの回収がある。・・・本当にお疲れ様です。
高巻いて落ち口にトラバースする


ゴーロ  F6(3m)  F7か?

確保する講師たち  F9(7m)? 石積み堰堤


一たん伏流水となったあと、再び水がチョロチョロと流れだし小滝が連続する。ホールドもスタンスも豊富でガッチリしている。どう登ろうか…、ルートの選択、岩の感触が楽しい。


伏流のゴーロ帯  F10  岩の感触を楽しみながら

シュリンゲ つかまるかい? 講師が見守る  水流がなくなってきた


 大岩がはさまったような涸滝に出る。ロープが2本セットされた。第一歩から中間部に出る辺りが難しそう。中間部を右に回り込み、上部に抜ける辺りが難しそう。

 先行者の動きをじっくり観察しイメージをふくらませる。
チョックストーン滝


先行者の動きを見る  確保する講師たち

もうこんなに高くなった  急なルンゼを登る  涸棚


 涸棚から20mぐらい上がった先、右に上がる踏み跡がある。少し急なトラバース。足元がグズグズしている。立木やササをつかんで回り込む。

 小尾根に登れば一安心。振り返れば薄〜く霞む箱根の山々。
トラバースして小尾根に乗る 霞む箱根の山々


 14時21分烏尾山。周囲360度、かすんではいるが展望が素晴らしい。

 ベンチに座り後続を待つ。だいぶ遅れている。受講生が講師に背負われて登ってきた。靱帯を伸ばしてしまったらしい。大きな事故でなくて良かった。
烏尾山


 負傷者に対する講師陣の対応。

 携帯で山岳スポーツセンターに連絡、車が下の広場まで入ってもらうように手配、広場までは講師が背負って下ろす。一人が先行しボクらに対応、4名が最後尾に付き負傷者に対応しながら下山。

 ・・・何も起こらず予定通り進めば良いのだけれど、山では何がおこるか分からない。仮に何かが起きた時、スムースに対応できる体制。現場と下界で待機する事務局の連携がきちんと取れていれば、被害を最小限に食い止めることができる。
塔ノ岳方面 下山開始


 急な尾根の下りが一段落し、少し平坦になる附近。ボクの探している石仏がある。丹沢には2例しかないという山の神とオオカミを結びつけている石仏(注:もう一例は山北町八丁)。

 正面は風化が進み、頭に何をのせているのか判別することができない。

 左側面に「文化七年 庚午四月吉日 志主 横野邑中」と刻まれている(文化7年=1810年)。

 そして右側面に・・・。達筆すぎて読めないのだが「狗・・仏」という文字だけはハッキリ分かる。
途中、石仏がある 狗・・仏 と刻まれている


山神や民俗に詳しい佐藤芝明氏は著書「山の神の民俗と信仰」の中で、次のように書いている。

 尾根を下ってくると、大きな石仏があることに気づくであろう。一見して石仏と理解できるが、側面に「狗頭観音仏」とある。「山犬」を頭にのせた観音様と言うことになる。これは焼き畑を荒らす害獣を追い払うものらしい。(同書154p〜155p)


 平坦だったヒノキ林は再び急になる。

 広場到着は16時01分。すでに車が止まっていて、負傷者の降りてくるのを待っていた。

 ボクらは沢装備を解く。少し休憩して三々五々林道を下る。
急坂を下る 車が待っていた


 虹の釣り橋を過ぎ、山岳スポーツセンターについたのは16時54分。みんなが揃うのを待つ間、沢シューズや靴下など汚れた装備をきれいに洗うことができた。

 全員揃ったところで閉講式。だいぶ遅い時刻なので挨拶は簡単に終わった。

 事故があった。その事故に対応するスタッフの動きを見た。それは神経を集中させ滝を登ってきたことと同様、ボクには実りある出来事だった。
風の吊り橋 山岳スポーツセンター




Top
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ