丹沢の地学・地質を学ぶ
寄・寄沢本谷に枕状溶岩を探す
2010年05月14日(金)


寄沢本谷F3




「寄にある短い沢ですが、どうですか?」
門田先生から電話があったのは13日。枕状溶岩探査行のお誘いだった。予定表を見る。金曜日、空白。
「えーっと。はい、大丈夫です」
こうして14日の行動が決まった。9日に使った沢道具がそのまま部屋の隅に置いてある。バックにまとめザックに入れれば身支度も完璧。

 夜、先生から「明日よろしく」メールが入った。ファイルが添付されていた。小菅枕.ppt。今年まだ松の内に磨いた枕状溶岩(2010/01/04)。
そうした枕状溶岩の分布を通して分かってきた丹沢の生い立ちが、分かりやすくプレゼンされていた。先生の熱心さに、ぜひ応えなければ…。
明日の「短い沢」にも、枕状溶岩の露頭を発見できるだろうか・・・。


※「丹沢の地学・地質を学ぶ」シリーズ
 2009/01/04:小菅沢 枕状溶岩磨き隊
 2009/12/23:加入道山・オウムガイ化石を探す
 2009/11/28:山北・やまきた発見! 地学ウォーキング
 2009/11/09: 寄 ・寄沢に枕状溶岩を探す
 2009/10/11:山北・皆瀬川にサンゴの化石を探す
 2009/04/19:秦野・葛葉川の岩石採集を通して丹沢の生い立ちに触れる


【調査日】 2010年05月14日(金)

【行 程】 本厚木7:40=門田車=寄大橋8:45/8:55…登山道入口9:15/9:20…寄沢本谷10:00:10:12…
      F1_10:13…F2_10:49…F3_10:53…F4高巻き・落ち口11:37…コシバ沢出合11:49…
      堰堤(昼食)12:10/12:35…ガレ谷(上部調査)12:55/13:15…小屋ノ沢出合13:26…
      登山道14:27…コシバ沢14:39…(下降)…寄沢本谷15:30…本谷入口16:30/16:40…
      登山道入口17:00…寄大橋17:32

【メンバー】 門田先生、Oさん、s−ok




 本厚木駅南口。道路に面したロータリー附近にOさんが待っていた。
「お早うございます」「お久しぶりです」。
門田先生を待つ間の四方山話。最近歩いた山のこと、畑に植える夏野菜のこと・・。

 道路が少し混んでいて先生の到着は7時40分頃だった。厚木インターから東名に乗り大井松田で降りる。246号を少し戻り寄入口信号から寄へ。車中では、西伊豆調査行、小菅沢や水棚沢、早戸川など丹沢山中での枕状溶岩分布など興味深い話。「水棚沢辺りで研修会やりましょうか」とのありがたい話も出たが、そこは沢登りの経験がなければちょっと行けないような場所。


ちょっと挨拶に…。寄中学校に立ち寄った先生を待つ間、寄神社に参拝。

 大杉、大銀杏、根元に祀られている「産之神」、社殿の奉納額に「弥勒神社」と書いてある弥勒寺という寺院でもあった寄神社。・・・歴史好きには興味深い。
寄神社 弥勒神社 とも呼ばれている


 寄大橋に8時45分。橋を渡った先ゲート前の駐車場に車を置き、支度を整える。

 今日は枕状溶岩の探索のため寄沢本流を丹念に詰めていく。下りはコシバ沢。懸垂下降必須。ハーネスもカラビナも先生からお借りしザックに入れる。

 身支度も装備の入れ替えも終わり歩き始めたのは9時少し前。新緑のみずみずしさの中、フジの花が真っ盛り。
さぁ 出発 フジの花が真っ盛り


←歩道を10分ほど歩いた右手に枕状溶岩の転石。前回(2010/02/09)なかった説明看板があった。




 登山道入口。左手周遊歩道の少し先にある枕状溶岩。ここにも同じ説明看板がある。→
歩道脇に 登山道入口の少し先に


説明看板
枕状溶岩
◇ 海底火山の枕状溶岩
 今は火山ではない丹沢山地。しかし丹沢の誕生は深い海から噴出したマグマから始まりました・・・その証拠が丹沢の一番古い地層の中に枕状溶岩の形で残っている。
1700万年のときを経てここ水源の森林で見ることができます。!!       詳しいことはスタッフにお尋ねください。


@形、Aチルドマージン、Bガスホール(※) が、これだけハッキリしている枕状溶岩を、一般歩道から、つまり誰にでも見ることのできることが素晴らしい。



※枕状溶岩の特色
@形:海底に湧き出した灼熱のマグマは、0度近い海水で急冷されながら流れて、後続の溶岩がその上にまた流れて・・・枕状に積み重なる。
Aチルドマージン:海底に湧き出したマグマは、表面が急速に冷やされ結晶を作るヒマもなくガラス質に変化する。
Bガスホール:火山性ガスが噴出した孔の跡。火山灰や不純物が詰まって白い点々に見える。
特徴がよく分かる(写真にカーソルをのせる)


 堰堤を越え河原に出た。白と緑のコントラスト。このみずみずしさを… 何に例えればよいのだろう・・・。
白と緑のコントラスト みずみずしさを 何に例えれば…


周辺を観察しながら上流に向かう
観察1 観察2 観察3


 本谷入口に10時。休憩の間に沢支度。出発は10時12分。

 すぐにF1。くの字型の立派な滝だ。

寄沢本谷F1 くの字型の立派な滝


 右の岩壁にロープが見える。ボクらは一旦尾根を直登し、落ち口に向かって再び下降する。

 降りた先にF2、F3と続く。F3の奥にF4が見えた。イイハシの大滝だ。3段45m。ここからは全容を見ることはできない。
急斜面を下降する


F2  F3  F4:イイハシの大滝


 滝の直登はできない。急な斜面をトラバースして再び右の尾根に取り付く。

 急登・急登・・急登・・・が続く。呼吸を整えるために立ち止まった。振り返ると木々の隙間から真鶴半島と初島が見えた。緊張がホンの少し和らいだ。

 かなり登った後、左下に白い流れが見えた。大滝の上に出たのだ。急な斜面を再び下降する。
ホッとする瞬間 再び下降する


大滝の落ち口附近に下降 流れの中をジャブジャブと 小滝が連続する


 前方に堰堤が見えてきた。すぐ手前に右から沢が流入している。コシバ沢だ。帰りはこの沢を下降し、再びここに戻る予定。ボクらは寄沢本流=堰堤の上部に向かう。

 堰堤に近づく。深い山中よく積み上げたものだ 人の力って素晴らしい!
左:本流、右:コシバ沢 堰堤に近づく


 ところで、この岩の縦に走る白い線に注目。強い力が横方向に働きズレを生じさせたのだ。台地のダイナミックな力って素晴らしい!

 安全確保のため、堰堤の右にロープを伸ばす
強大な力に驚く ロープを伸ばす


 堰堤の右上部をトラバースして河原に降り立つ。

 今までの狭い谷から一気に開放される。この空間の心地よさ。緑の清々しさ。素晴らしい環境の中で昼食休憩。

 いつものコンビニ稲荷がいっそうおいしく感じられる。食後のミルクティー。その温かさが体に染み込んでいく。
堰堤上部をトラバース 緑の清々しさ!


 エネルギーの補給ができた。さぁ出発しよう。

 すぐ上流で岩に刻まれた面白い模様を見つけた。高周波を当てたような文様。マグマがまだ固まらないうちに次々に押し出されてくる後続のマグマの圧力で出来た模様だ。

 その近くに枕状溶岩の転石。特徴がはっきり分かる。さて、この転石はどこから運ばれてきたのだろう。左手のガレ谷を調べてみることにした。
不思議な模様が… あった、枕状溶岩


ガレ沢を調べる

ガレ沢を登る 苔をはがしてみると…(写真提供:門田先生)

あった 枕状溶岩の露頭! 下るのも大変


 寄沢本流・ガレ谷上部に枕状溶岩の露頭を発見! では本流の上部はどうだろう? 発見があるとワクワクする。次も見つかるのではないかと期待感にあふれて…。

 それにしてもこの緑の清々しさはどうだろう。目の優しさは気持ちの優しさにもつながりそう・・・。
気持ち ワクワク


小屋ノ沢を左に見送る  ・・・らしいけれど  緑のトンネル


 枕状溶岩の転石を見る。形は枕を半分に切ったような半円形。白い点々はガスホール。黒っぽい縁取りはガラス質。表面のシワシワは、次々に押し出されてくるマグマの圧力の跡。

 全体に固い。ハンマーでたたくとキーンと金属のような音がする。まるで標本のように特徴がはっきり出ている。
形、ガスホール、チルドマージンもくっきり 表面の特徴も…


これも枕状溶岩か  苔をブラシで落としてみた  写真に収める


 14時二俣。どちらが本流か。しかしもう午後をだいぶ過ぎている。登山道は右手上部にあることが分かっているので右に進む。

 すぐに二条に落ちる美しい滝が見えた。流れの中にスタンスもホールドも豊富で快適に越える。

 前方に再び滝。夏だったら流れに洗われる岩にそのまま腰掛けていたい。そんな雰囲気の滝。
二条に落ちる滝 流れに洗われる岩


 右手上部に登山道が見える。滝手前のザレを登る。

 それぞれが思いおもいのルートで登っていくがかなりの急斜面。少し右にトラバース気味に進んで小尾根にのる。それから木の根や幹の根元をつかみ体を強引に引き上げていく。

 ようやく登山道に出た時ホッとした。周りの緑がいっそう爽やかに感じた。
ザレた急斜面を登る 登山道に出てホッとする


 登山道をそのままコシバ沢出合まで進む。鍋割峠への登路でもあるコシバ沢に14時39分。

 枕状溶岩探索のため、ここからコシバ沢を下降する。コシバ沢-寄沢本谷の下降にそなえハーネスを装着。準備が整ったら下降開始。
ハーネスを装着、コシバ沢を下る


さっそく滝が現れた。Oさんが近くの立木にロープをセットし、順番に懸垂下降。
下降中(写真提供:門田先生) 見事なチョックストーン滝

二つ目の滝も懸垂下降
見下ろす 下降中


 すぐ下で堰堤を見る。寄沢本谷、15時30分。

 コシバ沢では「これは?」と思えるような枕状溶岩を見つけることができなかった。本谷を流れに沿って降りていく。
再び 寄沢本谷


トラバースする左下は…  ゴウゴウと流れ落ちる滝  ロープセットして懸垂下降


 連続する小滝を下降してF4(イイハシの大滝)上部まで来た。

 落ち口から下を見る。落下する水流が中間の岩にあたり白い飛沫を上げていた。その下は吸い込まれるような深さ。迫力のある眺めだった。
F4 下を覗く すごい迫力 F4 落ち口


 落ち口少し手前、左岸の岩に碑がある。
「丹沢を愛した○○さんへ あなたの特等席から丹沢の四季を楽しんで下さい! 
             04.8.8赤石沢にて永眠 享年55才 友人・家族一同」

正面にシダンゴ山が見えた。春まっさかり。深い緑が幾重にも重なって見えた。
樹間に見えるのはシダンゴ山か


 いったん小尾根に登りかえし急傾斜をズリズリと下りる。F1を確認。急斜面をトラバースして懸垂下降。


ロープをセットするOさん 懸垂下降で降りてくる門田先生  あと少し


16時30分本谷出合。沢支度を解く。一般登山道を下山。緊張が解け足取りも軽い。


本谷出合附近  飛び石伝いに渡渉 登山口附近


 寄大橋先の駐車場に着いたのが17時32分。今回も枕状溶岩の露頭や転石を見つけることができた。特に高周波にあてられたような表面のシワシワは、マグマの圧力を目の当たりに見るようで興味深かった。

 形もチルドマージンもガスホールもきれいに観察でき、サンプルとしても貴重な枕状溶岩。流されてなくなってしまわないように「ある場所」に移動した。いずれビジターセンター等で、一般の人も見ることができるようになるかも知れない。



無事 駐車場へ


 今回の探索行は前日のお誘いにあったように、「寄にある短い沢」だった。けれど予想以上に時間がかかった。それだけ沢や緑、そして岩の観察を楽しめたということ。でもちょっと遅い時刻だったので、もよりの小田急線に直行、祝杯は後日改めて・・・ということになった。


 さぁ、次はどこで枕状溶岩=昔、丹沢が海底火山として誕生した証拠=を見つけることができるだろう。
 丹沢の生い立ちを調べる、その一員として活動できることに気持ちがワクワクしている。
枕状溶岩の分布概略図(クリックで拡大)




Top
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ