西丹沢山歩シリーズ
花の畦ヶ丸を訪ねて
2010年05月22日(土)


〜活気づく初夏の山道で迎えてくれる花々 鳥たちも活発に囀りあって!!〜

NPO法人丹沢自然学校が主催する畦ヶ丸ツアーが始まった。
3回シリーズの 今日が初日。




「こんにちは 今日一日、よろしくお願いします!」

大滝橋が集合場所。4名のお客様をお迎えして自己紹介、アイスブレイク、ストレッチ・・・。
靴紐を閉めザックを背負ったら出発!
まず 挨拶と自己紹介


大滝沢沿いの道は涼味満点 見どころ満点
左下に大滝  何カ所もの木橋を渡る
おもしろいモノ発見  足元に気を付けて下さーい


マスキ嵐沢出合を過ぎるとジグザグの急登
桟橋1  桟橋2  一軒家避難小屋


 避難小屋脇のベンチで小休止。鬼石沢とステタロー沢出合の小平坦地。

 かつて昔、ここには一軒家という名称の通り、人の生活があった。昭和18年には、神奈川県製炭事業に従事している子どもの教育のために分校が開設され、多くの人が住んだこともあるという。(参考:丹沢今昔物語)。鬼石沢の右岸をわずかに進むと確かに小広い平地がある。また小屋の裏手に石段があり、その上に山の神が祀られている。

 この避難小屋に、ボクは2晩お世話になったことがある。1回目はペアに遠慮して土間に寝た。2回目は板の間に寝袋を敷いたが、後から来た3人組パーティも同じように板の間に寝たので、頭と足を交互にして寝るたいへん窮屈な思いをした。

 そのたたずまいは今も変わらない。利用者のマナーはもちろんだが、ボランティアの皆さんのおかげで内部はきれいな状態に保たれている。
ベンチで小休止


ステタロー沢から大滝峠上へ
ステタロー沢を渡る 何が見つかったのかな 何度も渡り返す
こんな番号札を見つけた 緑が眩しい
沢から離れる 尾根に出て  大滝峠上


 大滝峠上のベンチにひと組のパーティが休んでいた。遠慮したボクらは立ち休み。稜線に出たためか吹き抜ける風が心地よい。

 南方向、木々の隙間から屏風岩山が見えた。大滝峠上から10分も南下すれば大滝峠。大滝峠から西へセギノ沢を下れば地蔵平に至る。今は廃道となっているが、かつては地蔵平(大又の集落)と中川を結ぶ生活路だった。

 大滝峠から更に南へ屏風岩山〜二本杉峠に至る道も20年程前の市販のガイドマップには「一部、ヤブが深い。径路不明朗箇所あり、通行注意」と書かれるほどの道だった。稜線上に咲くミツマタの大群落が知られ、こちらは歩く人が少し増えている。
大滝峠上にて…


急登 広がるブナの林
急登  ブナ林  巨木
トウゴクミツバツツジ  ギンリョウソウも


 12時35分畦ヶ丸避難小屋。ちょうどお昼時。

 避難小屋の中は広い。土間に大きなストーブがある。板の間には15人は横になれそう。土間のベンチと合わせれば20人は泊まることができそう。

 トイレのあることも嬉しい。
畦ヶ丸避難小屋 大きなストーブもある


 畦ヶ丸山頂は避難小屋から5分ほど。三角点と登山道改修記念碑がある。樹木におおわれて展望はない。

 記念写真を撮ったら下山開始。
山頂で記念撮影


けっこう急な下りだ。でも楽しみもある。それは・・・
レンズの先に…  シロヤシオ  葉に赤い縁取り
緑の天井 檜洞丸方面


善六ノタワから西沢へ
善六ノタワを過ぎ  ジグザグに下ると  カラ棚沢
西沢に合流  権現山分岐で一休み  一人ずつ渡る


西丹沢自然教室へ
堰堤脇の急階段  涼しげな眺め  蒼く澄んだ淵
ここはミニ大正池  吊り橋を渡れば  西丹沢自然教室


お疲れ様でした! 新緑の畦ヶ丸 楽しんでいただけたでしょうか。




Top
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ