檜洞丸 植生回復ボランティア
2010年11月03日(水)


11月03日(水)、
檜洞丸で行われるイベントにスタッフとして参加した。
下見の様子はこちら(2010.10.24)




小田急線新松田駅からいつもの定点撮影。

ベレー帽を粋にかぶったような冠雪富士。雪の多い方が北側斜面。
冠雪富士


 ボランティア参加者は新松田駅南口よりマイクロバスで移動するが、ボクら先行スタッフは別スタッフの車に同乗、先に東沢林道終点に向かう。

 西丹沢自然教室でマイクロバスを待つ時、珍しい人(グループ)に会った。秋の "遠足" で「モアイ岩見学会」(超ヤブ道ルート)のご一行。
「おやまぁ…」と固い握手を交わし、「気を付けて」とそれぞれの道へ。


 東沢林道終点から1125m方面を見る。
青空−黄葉、素晴らしい風景。


 開会式後、説明を聞き、手前の苗木を背負って出発。ビニール袋には、高さは50cm〜1mの苗木が5〜6本入っている。

 3つの班に分かれ 時間に差を付けて登っていく。
空が真っ青だ 苗木を前に 説明を聞く


ツツジ新道に出る。ブナだ。下から見る黄葉は空の青に映えて美しい。
ブナを見上げる



大室山。
左に八ヶ岳、右に秩父の山並み。
手前に延びる稜線の鞍部に犬越路の避難小屋も見える。

右から甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、仙丈岳、北岳、間ノ岳
・・・南ア稜線は真っ白       (クリックで拡大)
大室山 南アルプス


 木道が続く。今は裸地のようなこの稜線も、かつてはオオバケイソウの群落で埋め尽くされていた。木道は植生の保護・再生の一つ。

 太い木が見えてきた。シナノキ。攪乱(かきみだす=荒れる)に強い。大きなウロがある。にもかかわらず生きて枝をのばしている。
木道 シナノキ


気象観測装置前。担当スタッフより丹沢の現状や植樹の目的を聞く

・檜洞丸では、1980年代からブナの立ち枯れが目立つようになったこと
・特に南側斜面では多くのブナが枯れて草原化が進んでいること
・光化学オキシダントなどの大気汚染物質や水分ストレス、ブナハバチの採食圧など
 複合的な要因がもとでおきていると推測されること
・増えすぎたシカの採食圧により、シカの食べない植物ばかりが目立つようになるなど、
 生態系の劣化が問題になっていること


・自然再生のために、試験的に植樹を実施することと、自然に稚樹を発生させることの2つの方法を試みて
 その後の生長などを継続的に調査した上で、今後の自然再生を考える手がかりとしていくこと
   ・・・・・etc
(                                             (配布資料より一部引用)
説明を聞く


檜洞丸山頂。昔は鬱蒼と木々におおわれ薄暗かった…という。
檜洞丸山頂


現場に到着。
大きく育て、しっかり育てとの願いを込めて...

植えた苗木は、ナナカマド50本、ヤブデマリ90本、アオダモ30本、シナノキ30本 計200本。すべて、檜洞丸で採取した種子から育てた苗木。

今回の植樹は、
・保全センター研究連携課が苗の生長過程を継続観察し
・今後の自然再生の手法を考える手がかりにするものであり、
・自然再生に向けた学術調査のひとつのステップであること
 …として位置づけられている。
担当から説明を聞き 願いを込めて…


ありがとう! 今回お世話になった青ヶ岳山荘。

施設だけでなく、昼食時には熱いお茶までサービスしてくれた。
青ヶ岳山荘




Top
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ