夏休み親子自然探検隊(準備2)
2011年07月22日(金)


 18日〜20日にかけて台風第6号が本州の南海上を東進、太平洋側を中心に大雨を降らせた。
 20日事務局からのメール
”台風のため不安定な天候が続きますが、今のところ予定通り実施します。
 22日門田先生も交え最終確認します。” 

現場はどうなっているだろう。本番は予定通り実施できるだろうか。大雨の影響がなければ良いが・・・。




 22日、青空の広がる良い天気だった。

 前回の確認通り9時3分に到着。電車組は3名。JR松田駅からずっと一緒だった。今回で2回目となり、知った人がいるとホッとする。

 打合せの時、参加者の抽選会が行われたとの報告があった。今年は300名を越える応募があったという。大きな地震のあった後だからだろうか、地学に関心を持つ人が増えたように思う。

 ボクらは3台の車に分乗し第1のポイントへ。
山北駅ふるさと交流館 第1ポイントへ


ポイント1:神縄断層の露頭周辺
 下り口の階段はしっかりしている。

 河原に下りて驚いた。流れが変わっている。幅広くなった河原には流木が散乱している。その間を濁った水がゴンゴンと流れている。
階段を下りる 水かさの増している皆瀬川


 前回(14日)作った「水場」は跡形もなく崩れていた。

 山歩き経験のない普通の親子が、川沿いに観察地点に行くことは難しい。右岸の背丈まで伸びたヨシを刈って通り道を作った。
大きく崩れている ヨシを刈って通路を作る


 石灰岩など川原石を観察する地点まで進んでみた。深さは膝の上あたり。流れが強い。このまま上流に進み、県道に上がることができるだろうか…。

 今日はいったん引き返し、本番当日の様子で判断することになった。
上流に向かう 流れが強い


 県道上部から河原を見る。

 14日と比べれば「荒れ」の様子がよく分かる。この河原から県道に上がるルートはすっかり崩れていた。
県道から見ると… 大きく荒れていた


 崖に梯子をセットする。急斜面に階段を作りロープをセットする。

 一通りの作業が終わったら、安全に上り下りすることができるか大勢の目と足で確認する。

 しかしここは自然公園だ。これらの工作物はイベントが終わればすぐに撤去しなければならない。
梯子をセットする 階段を作る


ポイント2:八丁の河原
 昼食予定の河原。

 一週間前泥や砂をかき出した堰堤の下は、上流から流されてきた泥や砂で埋まっていた。泳いだり、上から飛び込んだりすることはもちろんできない。
八丁の河原 砂や泥で埋まっていた


 泳ぐ場所はなくても水と遊ぶことはできる。昼食後にセットした水中ブランコ。これは楽しい。大人だって楽しく思う!

 この他にも、子どもたちだったら自分たちで「遊び」そのものを工夫して創り出すだろう。
ブランコ 大人だって楽しい!


ポイント3:人遠付近のアオサンゴ化石
 下流から下りて遡上するにはあまりにも水量が多い。上部から往復することにした。

 急な崖を下ると・・・、急流が現れた。アオサンゴ化石は無事だろうか。何よりもこの急流を渡渉して目標とする5t岩に行き着くことができるだろうか。
急な崖を下る 水かさの増した皆瀬川


 慎重に足を踏み入れる。流れに足を取られないよう、すり足で川底を探りながら進む。

 目標の岩に着いた。アオサンゴ化石は無事だった。思わず大きな○サイン。
急流に足を踏み入れる 思わず大きな○(マル)サイン


 岩をおおっていた泥や砂が大水に洗い流されたため、新しい発見もあった。

 二日後の本番当日、参加者自身の目による新しい発見もあるかもしれない。
アオサンゴ化石は無事 キクメイシサンゴ


 おみやげ用の水汲み場で工作をする。竹を割り節を削って流れの中に固定する。

 水汲み場が三ヶ所になった。大勢の参加者でもスムースに水を汲むことができるだろう。

 それにしても…、自家発電機まで持っているなんてすごいね!
節を削り取る 水汲み場


翌23日、事務局からメールが入った。

”安全確保のため、主な変更点は次のとおりです。
 ○断層見学の際、水量が多い場合川を上らず、バスに戻り昼食地点へ
 ○昼食時に紅茶を用意
 ○アオサンゴへは、従来の登りルートを1路線に絞り、往復する

明日(24日)いよいよ本番。少しでも水が引いていてくれればいいのだが・・・。




本番




Top
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ