夏休み親子自然探検隊
2012年07月29日(日) 


いよいよ本番 



     
7時23分JR松田駅、御殿場線に乗り換えようとした時着いた電車から「丹沢再生」の幟を持ったHさんが下りてきた。
Hさんは小田急線新松田駅で受け付けを担当。「今日頑張ろうネ!」と軽く会釈を交わしボクは山北駅に向かう。

7時31分JR山北駅、電車から降りたボクの前を大きなザックを背負った人たちが歩いている。
ロープを張るなど観察路の安全を担当するYさんやIさんたちだった。
改札を出ると先に到着していたOさんや車を出すSさんたちが笑顔で迎えてくれた。
ふるさと交流館の前には今日の講師である門田真人先生と藤本節男さんが「ヤッ」という感じで手を上げていた。
ロープ設置グループが出発した後、会場担当のボク等は化石標本やパネルなどの資料を準備し、交流館の開くのを待つ。
・・・安全に楽しく実りあるイベントにするために、大勢のスタッフがそれぞれの持ち場で動き始めている。  
     
  会場はふるさと交流館の2階。

床を水拭きしたり机やいすを片付けて資料を展示したりなど
保全Cの担当者のみなさんと協力し
会場設営はスムースに進んだ。 
     
バスが着いた。参加者の親子は早速2階会場に上がる。
スタッフが紹介された後、丹沢ボラネット(※)代表Sさんから本日のイベントについて、
Aさんから「大切な水」の紙芝居、
そして門田先生から丹沢の成り立ちや化石の話など、自然探検の内容を一通り学ぶ。

丹沢ボラネット(丹沢大山ボランティアネットワーク):
 丹沢大山で自然環境の保全に関するボランティア活動をしている団体によるネットワーク。
 行政と協力しながら丹沢大山の自然環境の保全に関る活動の推進を図ることを目的として平成14年に発足し、現在32団体が参加している。
                                           (「丹沢大山ボランティアネットワークとは」より一部引用。詳しくはこちら
  
     
     
こんにちは! 今日楽しみにしていました!!  水の大切さを学ぶ   丹沢の成り立ちを学ぶ  
     
  ぬれてもよい服装に着替えたらバスに乗って第1のポイントへ 
行ってきまーす!     
     
第1のポイント     
     
急な坂を下りて・・   河原を進むと・・   神縄断層が見えてきた 
     
  神縄断層:

門田先生の立っているところは足柄層群、正面に見える崖は丹沢層群。
その境に黒っぽい粘土のような堆積物が見える。
足柄層群は約200万年〜60万年前、
丹沢層群は約1700万年〜1100万年前の地層と考えられている。

通常古い地層の上に新しい地層が重なっていくが、
この露頭では新しい地層(足柄層群)が古い地層(丹沢層群)の下に潜り込んでいる。
 
神縄断層     
     
  黒っぽい粘土のような堆積物:

附近に鹿の足跡が多い。たくさんのミネラルを含んでいるため鹿などが舐めにくるそうだ。
水気を多く含み、こねると粘土のように自由に形を変えることができる。

強力な圧力で摺りあわされた境界面の岩石が細かい砂となり、
断層の中に浸み込んだ地下水が砂を泥に、
泥を更に細かい粘土に変えていき、このような層ができる。 
断層の境界面を見る     
     
  右手に断層崖を見ながら上流に向かう。
北から南に流れる皆瀬川は、断層によりこの付近でクランク状に東西方向に曲がっている。 
上流に向かう     
     
  この附近でみることのできる石の説明を聞く。
緑っぽい石は凝灰岩、
肌色っぽい石は石灰岩。
石の中に石が入り込んでいる礫岩もある。

説明を聞いたら石探し。
石灰岩を見つけたら中にサンゴの化石が入っている・・かもしれない。

  凝灰岩:火山灰などが固まってできた岩石。丹沢ではやや緑がかった石が多い。
  石灰岩:サンゴや貝など炭酸カルシウムのからや骨を持った生物が海底につもってできた岩石。
  礫(れき)岩:れき(直径2mm以上)が火山灰や砂・泥などによって固められた岩石。 
この付近で見ることのできる石は・・    
     
     
周辺に散らばって石を探す   どれどれ・・と門田先生   オッ! すごいね・・と藤本先生 
     
     
ササの葉で・・   舟を作って・・   浮かべてみよう 
     
     
オタマジャクシがいたよ   カジカガエル発見!   スイカの差し入れ 
     
  県道に上がる。
急な坂にはロープが張られている。
安全のため要所要所にスタッフがつく。



ガードレールを越えるため、
足元には大きな丸太のステップが置かれた。
 
 
急な坂を上がる    ガードレールを越える 
     
第2のポイント     
    バスに乗り第2のポイント八丁へ。
バーベキューの準備や水遊びをしている
ファミリーの少し上流に座って昼食休憩。

子どもたちはいつだって元気。
食べ終わると同時に川に入り始めた。
水中ブランコも
いつの間にか遊びの中心になっていた。 
食べ終わると同時に・・  遊びに夢中   
     
  堰堤の高さは約2m、真上に立てば目の高さが加わるから少し怖い。
怖いけれど思い切って飛ぶ。ザブーン、水しぶきが上がってチョー気持ちいい。
思い切りのいい子は何度も繰り返す。
スタッフも周りに散らばって安全を期す。 
ポーズが決まった!     
     
  でもやっぱり怖い、飛びたいのだけれど飛べない。
どんどん飛んでいる子を横目に躊躇している子もいる。
そんな子の一人が手招きをした。
飛ぶから受け止めて! そんな意思表示のように思えた。

腰まで浸かって両手を広げる。大丈夫、キミにも飛べる。さぁ!思い切って!!
目を閉じて思い切って飛ぶ。ザブーン、水から上がった時は満面の笑顔だった。 
飛べ! 思い切って!!     
     
  出来なかったことが出来るようになる。
それは大きな喜びだ。

そうしたきっかけをつくることは
スタッフ一同の大きな喜びでもある。 
 
何度も何度も・・    ・・見守る 
     
第3のポイント     
  バスで人遠まで戻り下流側から皆瀬川に降りる。
周辺で見られる石の説明を聞いた後、化石が入っている・・かもしれない石灰岩を探す。
ここから上流は一切の採取が禁止されている。

そして・・。 
第3のポイントへ・・     
     
  アオサンゴ化石
「丹沢は昔、サンゴ礁がある火山島であった」ことを示すアオサンゴの化石を見る。

アオサンゴ=熱帯の海、今の沖縄よりもっと南の暖かい海にしかいない。
1500万年前、丹沢は南の海に浮かぶ火山島だった。
フィリピン海プレートに乗って1年間に4cm〜5cmぐらいの速さで近づいてきて、
本州に衝突し乗り上げて丹沢山地になっていった。
その証拠がアオサンゴの化石である。
こんなに大きなアオサンゴ化石は日本ではここだけ。
門田先生が最も重要視する化石である。

 関連ホームページはこちら 
アオサンゴ化石     
     
    他にも見つからないだろうか・・。
「これは・・」と思う岩を古歯ブラシで磨く。

あった。これはキクメイシサンゴの化石  
化石を探す  あった!   
     
  ハンマーでたたくと
火花が出るほど堅い岩


      「お茶の用意ができましたよー」。
      甘〜くて温かい紅茶だった。
      水で冷えた体においしかった。
      中には3杯もお代わりした子も
 
 
石の堅さを調べる    お茶の時間でーす 
     
  もう帰りの時刻だった。
急な坂をロープを使って登っていく。もちろん要所にスタッフが立っている。

「ロープに頼り過ぎず、足をしっかり使って登ってね」。
アドバイスしたら
「ありがとうございます。僕、(クライミング)ジムに行っているんですよ・・」。
頼もしい返事をする子もいた。 
冒険コースを登る     
     
  途中、断層の境界から湧き出すお土産用の水を汲む。水温14度。


プレート境界断層の湧き水:
フィリピン海プレートと北アメリカプレートが衝突しています。
それが原因で大きな断層が出来ていて、ここでは湧き水が出ています。(説明パネルより) 
湧き水を汲む     
     
  ふるさと交流館でまとめ。

水の大切さ、丹沢の成り立ち、断層、アオサンゴ化石・・。
「夏休みの自由研究、出来そうかな?」
「はーい、OK!」「とっても楽しかったです」「また来たいでーす」。
子どもたちの元気な返事に今までの準備活動が全て報われる。
自然が好き、丹沢が好き・・な子が、また増えたかもしれないから。 
交流館で・・     
     
参加された皆さん方がバスに乗り新松田に向かった後、会場の展示サンプルを片付けたり床を水拭きしたりして机やいすを元に戻す。
全てが終わった後新松田に向かいロープ設置グループや受付・案内グループと合流、今日一日の振り返りに花が咲く。  
     

  準備活動(7/27)   

     
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ  Top