自然公園指導員連絡会月例巡視
鳥居原−権現平−南山−あいかわ公園
2013年03月24日(日)
 

9時40分宮ヶ瀬行きバスに乗ると、後部座席に十数人のグループが座っていた。
研修などでどこかでお会いしたお顔の人もいるナ・・と思ったが、空いている席に座ってそのまま目を閉じた。

終点・宮ヶ瀬で降りると、後ろにいたグループは二つの団体であることが分かった。
一つは何かの観察会らしくいろんな資料を手にして土産店の並ぶエリアに歩いて行った。
駐車場の脇に残ったのが連絡会月例巡視のグループだった。
集まって自己紹介。研修会で何度かお会いしてはいるけれど、月例巡視に初めて参加したのはボクだけのようだった。  
     
 宮ヶ瀬湖畔園地から  見晴台を経て   鳥居原園地へ
     
  一人合流し総勢9名。小休止の後南山遊歩道に向かう。

「おーっ、もうフサザクラが咲いているよ。今年は早いね。」
「登り口の杭、出っ張っていて歩きにくいね。」

・・見たり観察したりした必要な情報は報告書として保全センターに送られ、
修理が必要な遊歩道(登山道)は修繕計画が立てられる。
また「開花情報」なども適宜公開される。

トップページ「パークレンジャーによる登山道情報」も、
自然公園指導員の皆さん方によるこうした巡視報告書が貴重な情報源になっている。 
遊歩道入口     
     
  陽だまりにはスミレが目立つ。

「スミレの種類は多いんだよ。
 これはナガバノスミレサイシン、
 名前の通り葉が長いのが特徴。

「これは普通にみられる
 タチツボスミレだね。
 葉がハート型なのが特徴だよ」

花や木を見つけるたびに立ち止まる。 
 
ナガバノスミレサイシン    タチツボスミレ 
     
もちろん木々もいろいろある。  
     
ヤマシキミ   アオキ   ウグイスカズラ 
     
  「これ、マムシグサですか?」

「同じ仲間だけど、
 これは花の縁が耳のように出張っているね。
 だからミミガタテンナンショウ。
 雄花と雌花があるんだよ。
 花の下に小さな穴があれば雄花。閉じていれば雌花。
 花粉をつけた虫は雄花から出ることはできるけど
 雌花からは出ることができないんだね。」

こうして解説してもらえることがありがたい。
メモしなければすぐに忘れてしまうのだけれど・・。 
ミミガタテンナンショウ     
     
  自然観察をしながら歩けばいつのまにか送電鉄塔。
送電線に沿う方向が刈られ眺めがよい。

この鉄塔は佐久間東幹線NO383であること、
長野県天竜川水系佐久間発電所で発電された電気が首都圏に送られていること、
北北西方向に見える小高いピークは茨菰山であること、
東南東方向に見えるピークは高取山であること。

・・植物や生物は苦手だけれど山岳展望は好きだ。
それぞれがそれぞれの特徴を生かした観察会ができればいい・・と思う。 
送電鉄塔     
     
宮ヶ瀬ダム方面  茨菰山方面  虹の大橋と本間ノ頭方面 
     
  小休止。
全体的に霞んでいて遠望の利かないことが惜しい。

日当たりのよいススキ原にワラビなど出ていないか・・。
「あった!」。
声の方を見るとワラビではなくクサボケの花だった。
一度目につくとあちこちで見つかった。
最初の気付きが大事なんだね・・。 
クサボケ     
     
     
キブシ   マメザクラ オニシバリ  
     
  ・・・上の方ばかりではない。
足元にまたスミレを見つけた。

今までと違って葉が細く裂けている。
エイザンスミレというそうだ。

スミレ属は種類が多く
「スミレ」という名称そのものまであるというからややこしい。 
エイザンスミレ     
     
  急な階段道を登って行く。
トイレ、続いて休憩舎が見えてきた。

12時55分権現平(568.5m)。
周辺の木々も草原も、
まだ時期が早いようで
目立つ花は見当たらなかった。
 
 
休憩舎   権現平 
     
  南山園地として開かれる前、
ここ権現平の周辺は
「長山、または長(永)峰」と呼ばれる
ヤブっぽいピークだった。

石の祠も杉木立の中にひっそりしていた。 
 
山頂標識    石祠 
     
  今、周囲は刈られ、
宮ヶ瀬ダムを見下ろす
展望台まで作られている。

晴れていれば
みなとみらいや房総半島まで見通せる
ファミリー向きの
絶好なハイキングコースになっている。 
 
宮ヶ瀬ダム(カーソルをのせると・・2010/03/14)    展望マップ 
     
  昼食休憩の後南山に向かう。

枝先を黄色く彩るのはダンコウバイ。

樹高の低い小型のサクラはマメザクラ。
富士山や箱根地域に多いので
フジザクラとも呼ばれている。
うつむき加減のうすいピンク色がかわいい。


    ← 写真にカーソルをのせてみよう → 
 
ダンコウバイ    マメザクラ 
     
  植林帯を過ぎると
ほとんど上り下りのない尾根道となる。
ササが比較的元気なことが嬉しい。

急階段を登って南山(544m)。
南面が開けていて
宮ヶ瀬湖や丹沢主脈方面の
展望が素晴らしい。 
 
ササが元気    南山 
     
     
高取山方面   丹沢主脈方面  展望マップ 
     
  ボクが初めて南山を歩いた時(1999/08/12)、
山頂はアカマツなど樹木が茂っていて展望はなかった。

2001/04/15に発生した山火事の一週間後、
まだ焼け跡の残る周辺を歩いたことがある。

周辺が南山園地として整備され始めたのはそれから数年後だった。(参考URLは こちら
昔は樹木におおわれていた     
     
    展望を楽しみ集合写真を撮ったら出発。

急坂を下る 
鎖のある更に急な斜面を下る。 
急な坂  鎖場   
     
  東屋と
送電鉄塔宮ヶ瀬線NO3が見えてきた。

周囲が刈られ
串川や愛川方面の眺めが素晴らしい。

斜面にワラビが見えた。
あそこにも、ほらこっちにも。
1本見つかると次々に見つかった。
 
 
東屋と・・    送電鉄塔 
     
  直進する韮尾根方向とボク等の進むあいかわ公園方向に
登山者カウンターが設置されていた。

電源は太陽電池。登山者が通過するたびに自動的にカウントすることができる。
 
登山者カウンター     
     
  送電鉄塔附近の陽だまりにまたスミレの群落があった。
オカスミレといい、植物全体に毛がないのが特徴だそうだ。

今日だけで4種類のスミレを観察したことになる。
ボクにとって。言われなければ全て同じに見える。
けれど細かく見ればやっぱり違う。
植物が好きで興味がある人は目の付け所がちがうんだね。 
オカスミレ     
     
  登り方向では使いたくない
かなり急な階段道。

あいかわ公園が見えてきた。
道路手前のトンネルを抜けると・・ 
 
急な下り    中央・右に見えるトンネルを抜けると・・ 
     
     
冒険の森   賑やかな歓声が聞こえてくる   ユキヤナギが満開 
     
  少し近道をして滝神社入口へ。

滝坂への入口に瀧不動尊入口という石碑があった。
不動沢とか不動の滝とか不動尊と滝は縁が深い。 
瀧不動尊入口     
     
  明治・大正から昭和の初期、
撚糸の町として栄えた半原の街並みは
静かだった。

対照的に
愛川大橋バス停はバス待ちの団体で
賑わっていた。 
 
半原の街並みと・・    愛川大橋のバス停 
     
始発の半原まで行った方が良かったかな・・?と言いながら少し混んでいる車内に入った。
横向き二人掛けの座席に3人目のボクがチョコンとお尻をのせてもらった。

本厚木駅で解散。
リーダーのKさん、お疲れ様でした。
初参加のボクに、いろいろ教えてくれた神奈川県自然公園連絡会のみなさん、ありがとうございました!  
     
  神奈川県自然公園指導員について、詳細は こちら 
     

「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ  Top