鷹取山
2014年04月06日(日)
 



     
  京浜急行追浜駅、駅裏の急坂を大きなザックを背にした登山者が歩いている。

この界隈で登山スタイルと言えば行き先は鷹取山の岩トレだ。
公的交通機関の利用と言えば遠くの人々、つまり講習会への参加者たちだ。 
追浜駅裏の急坂…     
  横須賀市立鷹取小学校を過ぎ鷹取山公園へのゆるい坂を上って行く。
前方にやはり大きなザック、手にはたぶんヘルメットを入れた手提げの
登山者が歩いている。

路面は桜の花びらで埋め尽くされている。地面に散った桜の花びらを「花くず」という。
咲いている桜も美しいけれど、散ってなお地面を淡いピンクに染める花びらも美しい。 
鷹取山公園のゆるい坂     
  管理事務所のある公園広場に着いた。駅から約30分、案内の20分ではとても着けない。
でも東屋には講師の他に何人もの参加者が集まっていた。

参加者が続々と集まる。
名簿を見ると参加予定者は19名。平均年齢が50.1歳、県外からの参加者も多い。
メンバーの中には知った顔も見える。…ボクもいつの間にか常連の一人になった。 
鷹取山公園東屋     
     

開講式・説明etc     
  ハーネス、ヘルメットなど装備を身に付ける。

9時開講式。今日の講師は4名。沢登りなどでお世話になりお顔を知った講師もいる。
講師の紹介の後、装備の確認。特にハーネスのベルト折り返しなど入念にチェック。 
開講式を待つ     
  装備
ロープの種類やスリング、ギア類、登山形態に応じた靴の種類など
話しだしたら時間がいくらあっても足りない。
適当に切り上げてロープの結び方に入る。

結び方
エイトノット、ダブルフィッシャーマン、インクノット…、
これは直接命にかかわる今日の講習会必須の結び方だ。
講師が受講生一人一人を周りながら入念にチェック。 
説明するO講師     
  実技講習は3班に分かれて行う。
名簿順に1班はビレイ、2班は登攀、3班は懸垂下降。

ボクは3班。懸垂下降は危険の大きい技術だ。
安全確保のため講師は上と下に2名付く。

学校フェース前、
手前はビレイ、岩壁右のロープは登攀用、左は懸垂下降用。
岩場の上に見えるのは安全確保のロープをセットするY講師。 
実技研修の場へ     
     

懸垂下降     
  まずは講師の手本から。

1.セルフビレイをとり下降器をセットする。

2.いったん体重をかけセットの安全を確認する。

3.セルフビレイ解除。 解除したカラビナは下降ロープに架けても良い。

4.下降開始。腰を落とし、壁を足で突っ張るように。
 ブレーキ側の角度で下降スピードを調整する。

5.着地。腰を深くおろしロープのタルミを作って解除。 
お手本はY講師     
  順番が来て上に上がる。
公園の桜は散り始め周辺の木々には若葉が見え始めている。

子不知の奥に展望台と、チラッと親不知の岩場が見えた。
午後にはあの一画で「岩登り」の講習会が行われるはず…だった。 
岩場の上は展望が良い     
  懸垂下降が初めてというOさんとIさん。

ボクも最初は怖くて緊張した。
でも思い切って えい!
一歩踏み出し体重をロープに託す。

体が自然に反応できるまで
繰り返し練習することで怖さは和らいでいく。 
 
下降中のOさん    踏み出そうとするIさん 

次に行くはずの場では研修がまだ続いていた。余裕の時間を利用して3回も懸垂下降をした。
もう12時に近かった。終わった班から昼食休憩となった。  
     

 ビレイ    
  12時30分頃から午後の研修が始まった。
研修目的はアルパインクライミングであり、
したがってマルチピッチ登攀システムを学ぶ。

エイトノットでハーネスにロープを結ぶ。
互いに声を出して確認する。


←画像にカーソルをのせると… 
エイトノットで結ぶ     
  セルフビレイは必ずメインロープから取る。
万一の場合自己脱出できるようにするため。

余分なロープはビレイしやすいようにさばくか振り分けておく。
※確保器が2穴の場合、ロープはゲート側の穴に通す。


←画像にカーソルをのせると… 
セルフビレイはメインロープから     
  ビレイヤーは、セルフビレイと支点の作る直線上に立つ。

直線上にいない場合、
万一クライマーが落下したときビレイヤーは大きく振られてしまう。 


←画像にカーソルをのせると…
直線上に立つ     
  終了点に着いたらメインロープからセルフビレイをとる。
余っているロープをたぐり寄せ、セルフビレイの上に振り分ける。
折り返したロープに確保器をセットする。 


←画像にカーソルをのせると…
セカンドのビレイ     
  足場が十分に確保できるなら体全体を使ってビレイする。
制動時には確保器との角度を強くする。
たぐり寄せたロープはセルフビレイの上に振り分ける。 


←画像にカーソルをのせると…
体全体を使って…     
  安全な平地でさえ手順や操作にまごつく。
実際の岩場での操作ならどれだけ緊張するだろう。
しかし平地での研修は現場をイメージすることが難しい。

途中、雨がふってきた。合羽を着なければぬれるほどの本格的な雨だ。
東屋や管理事務所に緊急避難した。
天候急変に対する対処、悪天に関しては現実に近い体験ができた。 
雨宿り…     
  小雨になった頃を見計らって再開。

トップロープのビレイ−登攀−セカンドのビレイ。
全員が一通り終わったが前のグループの研修がまだ続いていた。 
空いた時間を利用して特別講習が行われた。
セカンドビレイ、システムの確認     
     
特別講習:ロープの束ね方
     
 折り返しをつけ、長さがそろうように振り分ける  折り返した輪の外側からロープを巻く  輪の中にロープを通して締める。
     

 登攀    
  三点支持、身体を岩から離す。
岩と胸の間に空間を作るイメージで。

次のステップ(ホールド)を目で確認し、
そのステップ(ホールド)に足(手)を乗せる(かける)。
 
登攀     
  クライムダウン
ホールドは肩より下に置き腰を下げる。
ステップを目で確認し、そのステップに足を乗せる。 
クライムダウン     
  トップロープによるビレイ−登攀。
ペアを作り交代で行う、…はずだった。

前のペアが練習している時ピカッと光り雷鳴がとどろいた。
気温が急に下がり冷たい雨も降り始めた。寒冷前線が通過しているのだった。

最後だったボクの番が回ってきた時、主任講師の声が聞こえた。
「中止、撤退しよう!」
せめて登攀だけでも。
岩の感触を確かめることもなく、急いで登りロワーダウンで下りた。 
再び雨     
     

閉講式・反省会     
  緊急避難した管理事務所の小屋がそのまま「避難小屋」となった。

「小屋」の中で閉講式が行われ、参加者一人一人が感想を述べた。
雨になって残念との感想が多い中、ボクは楽しかったと言った。

雨が楽しかった…わけではない。
現実の自然と向き合えてよかった…という意味だ。
実際、雨の中で待つ時間は震えがくるほど寒かった。
寒冷前線が通過するとき山にいるとどうなるか実際にイメージできたことが。 
講師陣(左からY講師、T主任講師、K講師)     
  外に出ると雨は止んでいた。
前線の境界が
黒い雲と白い雲にくっきり分かれ、
白い雲の間には青空も見えた。


もう傘をさす必要もなかったが、
濡れた傘を乾かす意味で
さしたまま下山した。
 
 
前線の境界    雨上り 
  行き先は追浜駅近くの「前門飯店」。ほとんどの受講生が参加した。

この店の名物である「ジューシーな餃子」と「あれ」と生ビールで乾杯!
十分飲んで十分食べて十分しゃべって…。

「終わりにしましょう」と外に出ると月と星が出ていた。
空気は冷たかった。前線が通過し北の高気圧が張り出しているのだった。

北の高気圧と南の高気圧のせめぎ合い。
やがて南の高気圧が優勢になり、沢登りに最適な季節が始まる。 
いつものお楽しみ…     
     

「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ  Top