高層湿原と残雪、花と展望の縦走路
折立〜太郎兵衛平〜黒部五郎岳〜双六岳〜笠ケ岳〜新穂高温泉


太郎平小屋付近




 このコースは、お花畑と大展望に満ちた縦走路です。高層湿原やカールに咲くお花畑、飛騨の名峰・笠ケ岳から信州の名峰・槍ケ岳〜穂高連峰を展望するという楽しみもあります。

 今年は残雪が多く、高層湿原や雪解け水の流れるカールではたくさんの花を見ることができました。天気が良ければ更に足を伸ばし、西穂高岳を往復して上高地に下山しようと思っていたのですが…。

 文中の
青い文字をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




【登山日】 2000年8月7日(月)〜8月11日(金)

【行 程】 8日(火) 有峰口5:20/6:20…折立7:30/7:45…三角点9:20/9:25…
            五光岩ベンチ10:40/11:00…太郎平小屋11:45(泊)
 
       9日(水) 太郎平小屋5:30…北ノ俣岳7:15/7:30…赤木岳7:55/8:00…
            中俣乗越8:35/8:45…黒部五郎岳肩10:25/10:35…
            黒部五郎岳10:45/11:05…黒部五郎岳肩11:15/11:25…
            黒部五郎小舎13:00(泊)

      10日(木) 黒部五郎小舎4:45…黒部乗越5:55/6:05…三俣蓮華岳6:40…
            中道ルート分岐7:30/7:35…双六岳7:55/8:15…
            双六小屋8:55/9:10…弓折岳10:15/10:25…大ノマ乗越10:40…
            秩父平11:55/12:15…笠新道分岐13:25/13:30…
            笠ケ岳山荘14:50(泊)

      11日(金) 笠ケ岳山荘5:00…笠ケ岳5:15/5:25…笠ケ岳山荘5:35/5:45…
            笠新道分岐6:55…抜戸岳7:05/7:20…笠新道下り口7:25…
            杓子平出口8:15/8:20…笠新道登山口10:45/11:00…
            新穂高温泉11:50

【同行者】 単独
(Map)




1日目:8月8日(火) 天気 晴れ 後 曇り

有峰口5:20/6:20…折立7:30/7:45…三角点9:20/9:25…
五光岩ベンチ10:40/11:00…太郎平小屋11:45(泊)    


 昨夜22時25分新宿を出発した「さわやか信州号・室堂行き」は、数カ所の休憩をとりながら朝5時20分に有峰口に到着した。

 乗客は35名。2人分の座席を占有できたとはいえ狭いバスの中、眠りにつけないままの到着となった。

 ここで下りた登山者は18名。歩いて数分の富山地鉄・有峰口駅に向かう。
出発準備をする登山者たち。(有峰口駅にて)


 係り員の「富山駅発直通バスの座席に余裕があるので、そちらに乗車。」との説明で、バス待ちの間に軽い朝食をとる。(あと5名ほど多ければ、ここから始発バスが出たとのこと。)

 6時20分、直通バスが来た。補助椅子まで入れてほぼ満員。
 カーブに揺られながら少し眠ったようだ。「まもなく終点です。」の声で目が覚める。


 7時30分、折立に到着。

 '91年、'92年にも訪れた所だ。登山口の標識も無料休憩所のたたずまいもそのままだ。但し今回は単独行。
水場やトイレ、無料休憩所のある折立登山口。


 7時45分出発。まだ目覚めていない身体にいきなりの急登がキツイ。

 8時35分、大汗をかきながら「三角点まで60分」の標識のある小さなピークに到着。つい汗を出した以上に水を補給してしまう。


 休んだら幾分楽になった。以外と早く8時35分に1870.6mの三角点に到着。

 行く手、草原状の台地に登山道がのび、ガスの中に消えているのが見える。

 剣岳や薬師岳方面はガスに包まれているのに、頭上だけが晴れ、照りつける太陽が暑い。
三角点。頭上から照りつける太陽が暑い。


 9時25分出発。

 いったん小さく下り、針葉樹林の中を再び登り返す。樹林帯を過ぎるとあたりは草原状の尾根になり、その中を階段状の登山道が続いている。

 この付近は大きな井桁の中に石を敷き詰めたような石畳の道で、とても歩きやすい。
石畳の歩きやすい登山道。


 あたりはガスに包まれて見通しがきかなくなってきた。

 所々に見られる湿原に咲くニッコウキスゲや、チングルマの長くのびた花穂に元気付けられながらゆっくり歩く。
湿原に咲くニッコウキスゲ


 五光岩ベンチを過ぎ、木道を渡り、傾斜が緩くなってきたと思ったら、行く手のガスの中に太郎平小屋の赤い屋根が見えてきた。

 11時45分、太郎平小屋に到着。さっそく宿泊手続き。
太郎平小屋。(夕食後、ガスの晴れ間に撮った。)


 通された部屋は受付や売店のある上の階。大部屋で「布団1枚に2人の予定」とのことだ。

 到着が早かったから、まずはあてがわれた布団の中で一眠り。
一組の布団に2個の枕。


 目が覚めた後はテント場方面への散策。ハイマツ帯の中に伸びる木道を行くと、ガスの切れ間に雲の平や黒部五郎岳がうっすらと見える。


 夕食は5時から。

 メニューは鳥肉、天ぷら3種、竹の子や高野豆腐の煮物など。
太郎平小屋の夕食。


 食事が終わればもうすることもない。再び外に出て、今度は薬師沢方面への散策。

 東斜面はハクサンイチゲやチングルマ、コバイケイソウカラマツソウタカネヤハズハハコ(?)など、見事なお花畑が広がっている。
斜面に拡がるお花畑。(赤い屋根は太郎平小屋)


 小雨がパラ付いてきた。小屋に戻り布団に潜る。小屋の消灯は9時。まだ周りの話し声が聞こえるが、8時前には1枚の布団を占有し、手足を伸ばして寝てしまった。




1日目/2日目3日目4日目




ページのTOPへ
「ようこそ! 北アルプスへ!!」に戻る