山を想う・・・2018年




山を想う… 2018年 
山を想う… 2017年 
山を想う… 2016年
山を想う… 2015年
山を想う… 2014年
山を想う… 2013年
山を想う… 2012年
山を想う… 2011年
山を想う… 2001年
      〜2010年


 6月  11.六月スタート 
 5月 10.5月の風 
4月 9.日本地図の原点を訪ねて  8.春
7.桜の見ごろ まだまだ 6.新年度 
3月 5.一番きれいだったとき 4.春らんまん 
 2月 3.春の足音… 
1月 2.歴史散歩(青柳寺) 1.2年越し






 



11.六月スタート 

市立相模原麻溝公園・グリーンタワー
エレベーターで一気に展望台に上がる。
地上高38メートル、空気の乾燥している今日、
真冬ほどではないけれど見通しがよく利く

あれ? あのビルの横に見える細い塔は…? 
目を凝らし解説板と見比べた

東京スカイツリーだ! 間違いなく!
いつ梅雨に入ってもおかしくない今の季節、
思いがけない塔が見えて得をした気分になった

風景を楽しんだ後はアジサイ小路と水無月園へ
6月、花と展望の良いスタートを切れたと思う 

  2018.06.01
記 2018.06.02
展望を楽しむ 
Top









 



10.5月の風 

谷戸の風景を懐かしく感じるのは
そこに人の営みがあるからだと思う

一陣の風が吹き抜けて行く時
梢の葉裏が白い波のように揺れた
目に見えないはずの風が
確かに通り抜けていくのを見た 
2018.05.15
小野路・明神谷戸 
 Top
 









 



9.日本地図の原点を訪ねて 

2017/11/17 相模野基線の北端点を歩いた
2017/11/19 百米比較室跡も歩いた
2017/11/24 相模野基線の南端点と中間点も歩いた
2017/11/25 相模野基線を一辺とする三角測量の東側の三角点
      すなわち長津田村・高尾さまも歩いた。

いつか必ず 相模野基線を一辺とする三角測量の西側の三角点
      すなわち「厚木・鳶尾山」も訪れたいと思っていた
今 日   日本で最初に置かれた一等三角点の一つ
      厚木・鳶尾山の三角点を、今ボクは目の前にしている

 
 2018.04.27
一等三角点(厚木・鳶尾山) 






8.春 

雨が上がった後チリが流された空が真っ青だ
初夏と言うにはまだ早い4月中旬の日差し
木々の緑がまた一段と濃さを増したように思う

ベンチで一息入れたら「かしの木山自然公園」へ
 
2018.04.19 
芹ヶ谷公園・虹と噴水の広場 






7. 桜の見ごろ まだまだ 

「開花」「満開」の指標とされるソメイヨシノは葉桜になったが
時期が遅れて咲くサトザクラは今が最盛期を迎えている

4月9日(月)、水道みち「さくらの散歩道」(大和市)を歩くと…
つきみの信号先「憩いの小径」は花のトンネルが続いていた
樹高が低く枝を横に広げた樹の形は、広げた傘に似ている
文字通り本物の「花の傘」の下を、くぐりぬけるように歩いた

品種は「松月(?)」
枝先にはたくさんの蕾も見える。花の見ごろはまだまだ続く 
 
2018.04.09
記 2018.04.10
 
さくらの散歩道(憩いの小径)撮影:2018.04.09 






6.新年度 

3月21日
春分の日に大雪が降った。次の週からは晴れて暖かな日が続き
初夏を思わせるような陽気に、桜の開花−満開が一気に進んだ
例年より早い開花に、今年は桜の花見をたっぷり楽しんだ

桜雲(おううん)、花霞(はながすみ)、花明かり(はなあかり)
花筏(はないかだ)、花筵(はなむしろ)、葉桜((はざくら)…
四季の移ろいがこんなにも豊かに感じられることを幸せに思う

4月03日
水道みちを経て市立麻溝公園・県立相模原公園へと歩いた
花の最盛期を過ぎた木々の梢には新しい葉がのぞき始めていた

若草(わかくさ)色、若葉(わかば)色、若緑(わかみどり)色
萌木(もえぎ)色、萌黄(もえぎ)色、青葉(あおば)色…
芽吹き始めの、生命力あふれる緑をどう表現すればいいのだろう

スタートした4月
今年は去年より、もう少し遠くまで行けそうな気がした
 
 2018.04.03
県立相模原公園(撮影:2018/04/03) 
 Top
 









 



5.一番きれいだったとき 

尾根緑道から少し外れた一角にカメラを構える集団が見えた
レンズの先に、尾根に沿う満開のソメイヨシノと菜の花畑
サクラのピンクと菜の花の黄色と空の青がよく映えていた
観光ポスターでよく見かけるおなじみの風景

厳しい寒さに絶えて一番きれいな時。見逃さずに捉えて愛でる
…ボクもいつの間にか集団の一員となり、カメラを構えていた
 参考:わたしが一番きれいだったとき 

2018.03.30
町田・尾根緑道 (撮影2018.03.29) 






4.春らんまん 

一月は行く 二月は逃げる 三月は去る
その三月も、もう半ばを過ぎようとしている

       春らんまん(顕鏡寺参道=相模原市緑区寸沢嵐)

地上の生き物が生き生きと活動を始める「今」という時間
楽しまずに見過ごしてしまうのはもったいないと思う

                  2018.03.17
 
 Top
 









 



3.春の足音が… 

先日「大寒」を迎えたと思ったら もう「立春」を過ぎた
寒い日はまだまだ続いているけれど
「春」という言葉を 聞いただけでほっこりする

半月ほど前に比べて
日の出が早くなった 日の入りが遅くなった
今日の日差しが暖かく感じるのは気のせいだけではない

いつもの散歩道
透けるような青空を背景に 河津桜の開花を見た

数年に一度の大寒波が日本列島をおおい
日本海側に大きな被害が出ているけれど
季節の変化に敏感な植物は 春の近づきを教えている

 2018.02.08
サクラ開花 
Top









 



2.歴史散歩(青柳寺) 

大寒の今日、
朝方の雲が上がり、晴れて暖かな一日になったことが良かった

「春は枝垂桜がきれいに咲きます。その頃もぜひ来て下さい…」
境内の手入れをしている人と言葉を交わせたことが良かった

「身近にこんなに立派な寺院やすごい歴史があったのですね…」
歴史遺産から、今を考えるきっかけとなったことが良かった

「ありがとうございました。勉強になりました。楽しかったです…」
楽しんでもらえたことが良かった。しかし感謝するのはボクの方こそ
参加者の最高齢は86才。その姿に元気をもらえたのはボクなのだから

                     2018.01.20
 
 
 武相困民党発祥之碑(青柳寺境内)





1.2年越し 

去年の記録がようやく更新できました
若い頃はその日のうちに作業できたのに…
歳を重ねるごとに 鈍く、遅くなります

けれど まだ歩く事ができます
読むことも書くこともできます
だから今年も 
今できることを今できるやりかたで続けます

行動することで何かが変わる
幸せや喜びは日常の小さな変化の中に
きっと見つけることができると思うからです

今年もよろしくお願いします

2018年1月