音見沢・焼小屋沢中間尾根−焼山−倉沢左俣・右俣中間尾根
2013年03月15日(金) 


【登山日】 2013年03月15日(金)  天気 晴れ

【マップ】 電子マップ:伊勢沢林道〜焼山周辺を12,000図相当に拡大して利用

【行 程】 自宅8:55=バイク=水沢橋ゲート10:06/10:15…音見沢橋(尾根取付き)10:42/10:53…
      …(音見沢・焼小屋沢中間尾根)…1109m(東海自然歩道)12:31…焼山12:45/13:10…
      …(焼山東尾根)…登山道(焼山・平戸線)13:50…「焼山3.0km 平戸3.7km」の休憩所14:27…
      …(倉沢右俣・左俣中間尾根)…倉沢二俣15:02…水沢橋ゲート15:21/15:30…
      =バイク=自宅16:44

【メンバー】 単独 



このところ水沢橋起点が続いている。
・家からのアプローチが良いこと。
・人にほとんど出会わず静かな山旅を楽しめること。
・記録が少なく直観・山勘を総動員させる冒険的要素が満たされること。
こんな点が今のボクを惹きつけている・・。  
  10時06分水沢橋。

ゲート前の広場に車が2台停めてあった。その脇にバイクを置く。
家から30.5km、1時間12分。前回(2013/03/02)とほぼ同じ。
ここに通う(?)ルートもほぼ固定してきたようだ。

防寒ズボンを脱ぎ、ヘルメットを帽子に、靴ひもを締め・・、歩き始めは10時15分。 
 水沢橋ゲート    
  3分で桃の木林道への分岐。でも今日は伊勢沢林道方向へ進む。

ゆるい勾配を少し早足で歩く。
右の植林帯は「鳥屋造林組合直営林管理地」。
「無断入山を禁ずる 花木等を取ったものは法律により罰せられます」
との看板が所々に立てられている。 
右は桃の木林道。今日は左へ     
  左は伊勢沢。

歩き始めてから10分ほど、林道の下に滝が見えてきた。
ヤブに隠れてよく見えないがかなり落差があるようだ。
登ることができるかどうか、ここからは分からない。

少し進んで下を見ると、伊勢沢そのものは穏やかな流れのようだ。 
7〜8mの滝     
 
右に湧き水を利用した水場が作られていた。
登山者など通らないこんなルートで誰が利用するのだろう・・と思ったが、
少し先にもっと驚くことがあった。 
水場     
  小さな空き地に「花壇」が作られているのだ!

誰が何のために作ったのだろう。
誰に見てもらえるのかさえわからない。
けれど作った人の遊び心が楽しいと思った。
気持ちにゆとりがあり、心が広くておおらかで愉快な人なんだろうな・・と思う。 
花壇がある!     
     
谷側にも・・  山側にも・・  きれいに柵が・・ 
  左上に伊勢沢を回り込む林道のガードレールが見えてくると音見沢橋が近い。

10時42分音見沢橋。
直進する道はすぐ先で右折し、
音見沢・焼山沢界尾根を回り込んで終点となる。
(山行記録:2005/12/18=下り方向で利用=) 
伊勢沢林道は左へ(音見沢橋方向へ)     
  橋を渡って正面が予定の尾根。
さてどこから取りつこう・・。

擁壁を回り込んで観察する。
斜面は急だけど立ち木がある。
木の幹や根を支えに、
斜めに横断するように登れば
何とかなりそうだ。

ルートを見定め、
10時53分一歩を踏み出す。 
 
予定は正面の尾根    急な斜面に第一歩 
  ザラッと崩れやすい斜面。
足場を確かめながら慎重に・・。

擁壁の上を回り込んで尾根の背に出る。
地形図で想像していたより細い尾根だった。

後ろを振り向くと
今歩いてきた伊勢沢林道の上に、
音見沢・焼山沢界尾根を回り込んでいく
林道が見えた。 
 
思ったより細い   林道を見る 
  急だった勾配が次第にゆるくなる。

細い尾根の進路を馬酔木がふさいでいる。
密集する枝をまたいだりかき分けたりくぐったり・・。
でも好きだな、こんな風に五感・六感を研ぎ澄ませ、動物になった気分で歩くことが。 
かきわけたりくぐりぬけたり・・     
  立ち木にワイヤーが結び付けられていた。
伐採した木を下ろした名残りか・・。

左前方にガタクリ峰。
三つのピークがまだまだ高い。 
 
立ち木にワイヤーが・・    ガタクリ峰 
  小さく下った尾根が上りに変わる。
尾根の幅が次第に広くなってくる。傾斜も増してくる。

急だ。しかし急登もひと頑張りで鹿柵のある主尾根に出る。
 
鹿柵があった     
  右手に方向を変え柵に沿って進む。

柵の右側は自然林。
ヤブが茂って歩きにくい。柵の内側(植林帯)に入れないだろうか・・。
5分ほど進むと柵の上に木が倒れていて難なく超えた。
 
倒木(振り返って撮影)     
  その先はヒノキの植林帯。
所々に栂(樅?)の巨木が残る。 
 
植林帯の中に・・    栂(樅?)の巨木 
  それにしても急だ。

前方に再び柵が見えてきた。
今度は柵の左側(植林帯)に沿って歩く。 
 
急登    再び鹿柵 
  左からも柵が迫ってきた。
閉じ込められたか? 

うまい具合にちょうど正面に扉があった。
その先は自然林。
 
 
正面に扉    自然林 
  取りつきから1時間弱、11時42分だった。
ザックを置いて一息入れる。

右手界尾根の721mは目の下、
左手ガタクリ峰の813mも目の下。


3分後、呼吸が整ったら歩きはじめる。 
 
右手・界尾根    左手・ガタクリ峰 
     
枯れたササが出てきた   かなり密(ダニはいないだろうな・・)   ツチグリ 
     
倒木の先は・・   もっと密なササ   ヤブに突入する前に振り返って撮影 
  密なヤブを越えるとアカマツが目立ってくる。

枝の間から丹沢三峰が見えた。 
 
アカマツが目立つ    左に丹沢三峰 
  一歩、また一歩・・。

右手に焼山が見える。ほぼ目と同じ高さだ。 
焼山     
  丹沢主脈(東海自然歩道)が近づいてきた。あと少しだ。

背の低い灌木をくぐり抜けた時、カラカラカラ・・と小さな粒が落ちた。
何かの実か? 
枝に付いていた氷の粒だった。ボクが触れた拍子にパラパラパラ・・と落ちたのだった。 
氷のしずく    
    12時31分東海自然歩道。

地形図の1109m地点、
保安林の看板があった。 
 東海自然歩道に出る   
  焼山に向かう。
(今までに比べて)
なんて歩きやすいんだろう。

しっかり整備された道は
ゆるい下り傾向でもあり快適だ。

右手が開け仏果山方面が見えた。 
 
焼山に向かう    仏果山方面 
  焼山・平戸線は
焼山沢上部を横切る登山道が
崩落しているため通行止め。


自然林から植林帯に入る。 
 
平戸方面は・・    通行止めになっている 
  12時45分焼山。

早速、展望台に上がってみた。
もう春の陽気、
気温が上がり
全体的に霞んでいることが惜しかった。 
 
焼山    展望台へ 
     
 青野原方面  仏果山方面  丹沢三峰方面  
  焼山のいわれ

むかし、この山の一帯は将軍家の御猟場に指定されていました。
草木が茂ると狩猟の妨げになるので、
毎年山に火が入れられていたのが焼山の名の起こりです。

この人工的な山焼きによって良質な萱が繁茂し、
周辺の部落では屋根葺きの材料として利用したようです。

山頂に三方向を向いて立つ祠は、
青根・青野原・鳥屋の三部落の境界を示すものと伝えられています。
                     神奈川県 自然環境保全センター 
焼山のいわれ     
     
 記念碑(薄れて読めない)  これも記念碑(達筆すぎて読めない)   二等三角点 
   
青根   昭和三十二年五月吉日 青根氏子建立   
     
  青野原   明治三拾七甲辰? 四月初一日建立 
     
鳥屋   明治三十一年?月一日建立   
  下山は、東海自然歩道をわずかに西野々方向に進み、
登山道が北北東に下る直前、
東に下る等高線の密な尾根に乗り焼山・平戸線に合流する。

コンパスを進む方向に合わせたら13時10分下山開始。 
西野々方向へ     
  西野々にゆるく下る東海自然歩道が左手に折れ急激に下る手前、
西野々側に2〜3m下った登山道の脇に白くて丸い石が見えた。

前にまわってみると「山の神」だった。
青野原側からの急登を頑張った村人は(登山者も)、
この「山の神」に迎えられてホッとしたにちがいない。
急な登りは終わった、焼山までもう少しだ・・と。 
山の神     
  東側を見る。
神奈川県造林公社の白い杭があり、急な尾根の所々に赤い杭が見えた。

現在地置と進む方向を地図とコンパスで確かめる。
間違いなし、急な下りに一歩踏み出す。 
東尾根へ!     
  急すぎて、足だけでは立てない。
岩や立ち木を支えに慎重に下る。時にはロープがほしい個所も・・。

焼山平戸線が、焼山の手前で大きく巻いているわけがよく分かる。
尾根通しに登山路を作るには、この尾根があまりにも急だからだ。
だがその迂回路も、沢の源頭部での崩落が進んでいる。 
急な下り(振り返って撮影)     
  左は自然林、右は植林、
その境の急な下りには
所々に赤杭と造林公社の白杭があり、
下降ルートのよい目印にもなっている。

前方に
770mピーク(等高線読み取り)が見えてきた。
 
 
赤杭がよい目印    正面に770m 
  13時50分、登山道に合流。

10mほど下った登山路の脇に
「足元注意 ゴミは持ち帰り 
   ←焼山 平戸→ 」
という神奈川県の標識があった。 
 
右を下ってきた(振り返って撮影)    標識があった 
   ちょっとした岩場や
崩れている個所もある。
そのほとんどは修復されていない。

けれど、
今までのバリエーションルートに比べて
あまりにも歩きやすさにホッとする。
 
岩場や・・    崩壊地も・・ 
     
丹沢三峰方面  「←平戸4.5km 焼山2.2km→」の休憩所   「←平戸4.4km 焼山2.3km→」の休憩所  
  前回(2013/03/02)は倉沢を詰め、
この休憩所の近くに出た。

ここから先は前回も歩いた道。
すぐ先にちょっとした岩場もあるが
気持ちがいっそう軽くなった。 
 
「←平戸4.4km 焼山2.3km→」の休憩所(振り返って撮影)     ロープのある岩場 
     
仏果山方面(岩場の手前)  東野方面    丹沢山〜蛭ヶ岳方面 
  14時27分「焼山3.0km 平戸3.7km」の休憩所。
745mから南東に伸び倉沢を左俣と右俣を分ける尾根。

今日はこの尾根を下って二俣を目ざす。 
二俣界尾根へ・・     
  下り始めてすぐ、空き缶や空き瓶が散乱している場所を見つけた。
缶にはサビが浮いていたからかなり以前のものだと思う。

どうしてこんなところに・・。 
ゴミが・・     
  ササがちらちら目立ってきた。
そのササは次第に濃くなっていく。

ササの密集帯で踏み跡も失った。
尾根の背を外さないよう
忠実にササをかき分ける。 
 
ササが・・    次第に濃く・・ 
  右前方に見えていた太陽が正面方向に見えてきた。
尾根が右に回り込んでいるのだ。

尾根の幅が次第に広くなり斜面も急になってくる。
ササの茎をつかみながらトラバース気味に急斜面を下る。
先ほどから、左手前方にチェンソーの音が聞こえている。 
ササの海を泳ぐ・・     
  河原が見えた。倉沢左俣だった。

密なササとの格闘の中で
左に分岐する小さな尾根を
見つけられなかったようだ。

3分ほど下って二俣。
本当は、ドンピシャ二俣に下りたかった。 
 
沢に下りる    中央の尾根を下りたかった 
  桃の木林道を下る。
焼山沢の手前、
倉沢をはさんで左手の山腹から
断続的にチェンソーの音が聞こえていた。

焼山沢に架かる橋手前の空き地に
車が2台停めてあった。
先日看板で見た通り、
伐採作業が行われているようだった。
 
左山腹からチェンソーの音が・・    焼山沢手前に・・
  15時21分水沢橋ゲート。

ボクの隣に停めてあった車はもうなかった。 
 
ゲートの先に・・    ボクのバイク
バイク支度に替え15時30分エンジンを始動。朝来た通りのルートを走り16時44分帰宅。

街の中で人を見たけれど、山の中では誰にも会わなかった。
今日は途中で買い物もしなかったから、
家を出てから帰るまでひと言も口を開かなかった。
自分の内心との対話を繰り返しながら歩くだけだった。  

「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ  Top