市原新道〜蛭ヶ岳〜白馬尾根
2013年12月15日(日)
 


このルートを最後に歩いたのは2004年2月1日
9年ぶりの再訪。
山はどんな姿で迎えてくれるだろう。 


【登山日】 2013年12月15日 天気 晴れ

【マップ】 電子地図・雷平〜蛭ヶ岳周辺を12,000図相当に拡大して利用

【行 程】 小田急厚木駅7:00=車=魚止橋8:00/8:08…伝道8:22…雷平9:26…
      雷滝9:48/10:01…蛭ヶ岳12:08/12:56…鬼ヶ岩13:25…雷平15:05/15:18…
      伝道16:18…魚止橋16:33=車=小田急厚木駅18:00

【メンバー】 Tさん、s−ok
 



  小田急線厚木駅でTさんと合流。
車で早戸川に向かう。

市街地を抜けると
左手に大山と大山三峰が見えた。

宮ヶ瀬虹の大橋から
丹沢三峰・本間ノ頭が見えた。

朝の光が山腹を照らし、
青空によく映えていた。 
 
厚木・妻田付近より   宮ヶ瀬湖・虹の大橋より 

カーナビに従って鳥屋から早戸川林道に入る。
奥野隧道を抜けたT字路にある小さな公園。その付近の道路にたくさんの車が停まっていた。
公園に何人もの人がいた。釣り師でもない、猟師でもない。下にある釜を中心に何かのイベントが行われるようだった。 
 
  水沢に沿って下り荒井林道と合流、早戸川に沿って上流を目ざす。

この山域によく入っていた頃、50ccバイクで何度も通った。
国際マス釣り場からしばらくはゆるやかな上りで快適に走ったが、
三日月橋を過ぎると途端に急坂に変わりエンジンが重くなった。
いつだったかは上りきれずにスカスカスカーと止まってしまったこともある。

しかし車は快適に走る。厚木からわずか1時間弱で魚止橋に着いた。 
魚止橋から見る堰堤     
  ここに来る途中、
旧観光センター周辺にも、魚止橋周辺にも何台もの車が停めてあった。

日常生活では充分早い時刻。
早朝から活動をしているのは釣り師だろうか山ヤだろうか。

そういうボク等も支度ができたら歩きはじめる。
橋を渡ってすぐ左へ、林道ショートカットの道。 
橋の先を左へ     
  林道に出て伝道に向かう。所々大きく崩れ、車は絶対通ることのできない林道。

…と、タッタッタッと駆け下りてくる人がいる。
姫次−榛ノ木丸−伝道−魚止橋は、北丹沢トレイルランコースの一部だったのだ。
停めてあった車の何台かは、彼らのものだったかもしれない。 
岩が道をふさぐ     
  林道終点の伝道には早戸大滝案内板がある。

早戸大滝(日本の滝100選)
滝の高さおよそ50mで、二俣(上段40m、下段10m)になっており、上段の中間に大きな岩が突き出て
全容を見ることができないため、別名「まぼろしの大滝」とも言われております。

早戸大滝までは厳しい道のりです。危険な個所も多く細心の注意が必要です。
【早戸大滝への登山に関する注意点】
〇県営早戸川林道の終点(伝道)より雷滝までは、主に林業者等の作業用に使われている険しい山道になります。
〇老朽化した木橋、路肩が崩れた個所、岩場のロープなど危険な個所があります。
〇川に架けた丸太橋も、増水等で流されて利用できない場合もあります。
〇雷平からは、大滝沢を進みます。河原を歩き、渡渉を繰り返すことになりますが、丸太橋などはありません。
〇降雨等による増水時には登山を中止することをお勧めします。              相模原市
 
林道の終点・伝道     
  看板の裏から登山道に入る。
伝道沢を越えて尾根に乗る。
ロープのセット個所もあるかなりの急登だ。

尾根の先端を回り込めば
正面に造林小屋が見えてくる。
 
 
伝道沢    造林小屋 
    入口が壊れていた。
避難小屋として使えるだろうか。

内部をのぞくと
ベンチとバケツコンロがあった。
窓や壁の傷みがひどいので
雨や雪は防げても
風を防ぐことは難しい。
 
全景と…  内部   
  落ち葉の折り重なった水平道。
カサカサと鳴る音が気持ち良い。

早戸川を挟む対岸の山腹に沢が見えた。
円山木沢だ。上部に白っぽい筋が見えた。
上の大滝が凍っているのかもしれない。

左は早戸川に落ちる絶壁
水平な道だからといって
決して楽で安全な道ではない。 
 
ほぼ水平だが…    円山木沢・大滝か?
     
岩をへつったり   壊れそうな木橋を渡ったり   手すりの無い高度感のある木橋を渡ったり 
  沢に下りる手前付近から
白馬尾根が見えた。

木梯子やロープの設置された
岩場を下りて早戸川へ。 
 
白馬尾根    早戸川に下りる 
    最初の渡渉点、
事前情報通り丸木橋はなかった。

前もって分かっていたから
運動靴に履きかえジャブジャブと越えた。

12月も半ばだから水は冷たいけれど
一度ぬれてしまえばあとは同じ。

二つ目の渡渉点もそのまま渡った。 
渡渉点の木橋は…  流されていた   
  雷平。その正面は白馬尾根。
渓の暗さと尾根の明るさ、コントラストが強すぎて写真写りが難しい。

大滝に向かう渡渉点の丸太橋も流されていた。帰りの渡渉は3個所になる。

更に上流、雷滝に向かう。
岩や木の自然の造形が美しい。日だまりの中でのんびりしたい気分。
でもまだ序の口。本格的な登りはこれからだ。 
雷平と白馬尾根     
  雷滝。両脇に氷が見えたが水量はかなり少ない。

黒い岩肌がマント、白い滝の流れが長いヒゲ…、
北欧の伝説に出てくるような老人が椅子に座っているように見えた。
 
雷滝     
    対岸の岩に楕円形が見えた。

岩にしては円すぎる。
スズメバチの巣?

望遠で写したけれど
ボクのカメラの性能では
確認できない。 
楕円形は…  何だろう?   
  運動靴を登山靴に履き替え、
右岸(上流に向かって左)の窪に取りつく。

右に雷滝を見ながらぐいぐい登って行く。
滝の落ち口を越えた先に急登が続く。

踏み跡も何本か見える。
歩きやすければどこをたどっても良い。 
 
右に雷滝   急登が続く 
  上へ上へ。急勾配を一歩また一歩。

やがて左からの尾根と合流する。左からの尾根は中ノ沢からの登路。
二つの尾根が交わる付近の立ち木にお皿型の道標があった。

何かが書かれていた。
かすれてはいるが大滝 市原新道 の文字が見え、オオカミ?の絵が描かれていた。  
お皿型の道標     
  左にヒノキの植林帯、右に自然林、その境界を登って行く。
斜面は急だが登路は小さなジグザグを刻んでいる。
ゆっくり歩けば息もそれほど上がらない。
振り返る度に後方の視界がどんどん広がっていく。

この途中で下ってくる単独の登山者とすれ違った。
「〇〇を登り、一泊して下山する途中(○○→よく聞き取れなかった)」
こんな季節に市原新道を歩く人がいるんだね、(自分を差し置いて驚いた) 
小さなジグザグを描きながら…     
  道はゆるく右にカーブして
太い尾根に乗る。

周囲にブナが目立ってきた
その一画に
またあのお皿型道標があった。
何か書かれていたがよく読み取れなかった。

高度を上げた分、風景が一気に変わる。 
 
植林から離れ…    道標と丹沢三峰 
     
 ブナ  丹沢三峰   植生保護柵 
  この市原新道にも数年前に植生保護柵が造られた。

北丹沢ガイドブック(発行:北丹沢山岳センター 2002年7月7日)に
ブナの森=蛭ヶ平と書かれている一帯も柵に囲まれている。

柵の内側と外側の林床の違い。鹿の食圧はこれほどすさまじいのだ。
わずか数年でこれほどの差がでるのなら保護柵もヤムを得ないと思う。
 
柵の内と外     
     
ブナ   ブナ   ブナ 
  標高点1352を過ぎると
尾根は細くなり
緑色のアセビが目立ってくる。

赤い看板と青い看板が転がっていた。

赤い看板:狩猟禁止区域 津久井町 
 
アセビが多くなる    赤い看板 
  青い看板:ここから奥は鳥やシカなどの動物たちを保ごしている場所ですから狩猟はできません。
       皆さんもかわいがってください。 神奈川県  (←鹿の絵がかわいい!)



赤い看板が津久井町のままであること。相模原市の行政はここまで及ばないらしい。
青い看板の言葉が子ども向けであること。バリエーションともいえるルートなのに。 
青い看板     
  細尾根を過ぎると尾根の幅は再び広がり、
今度はモミの木が目立ってくる。

この一帯も植生保護柵が作られている。
その一つに施設管理票のプレートを見つけた。
H24年度。この保護柵はまだ設営されたばかりだ。
 
植生保護柵    
  この近くに小さな遭難碑があるはず…。

柵の内や外を注意深く見ながら登って行くと
木の根に乗った靴が滑って転倒、一回転してしまった。

注意力が分散してしまったのだ。
傾斜がゆるく幅も広かったから何事もなかったけれど。 
モミの木    
  その遭難碑は柵にも囲まれておらず尾根の中央にあった。

「宮木正直君 遭難地」
幾分左に傾いた遭難碑。
だいぶ薄れ所々読み取りにくい文字があった。
遭難した日時、昭和17年3月14日はほとんど読めなかった。

周囲の落ち葉を掃除して合掌。 
遭難碑     
  ボクが初めてこの尾根を歩いた当時(2001/04/08)
樹皮のはがされたモミの木をあちこちで見た。(左の写真にカーソルをのせると…)

植生保護柵が作られている現在、その内側にはたくさんの幼樹を見ることができる。

自然保護は自然淘汰だけでは追いつけない。人の関わりが欠かせない時代となった。 
モミの幼樹 (カーソルをのせると…)     
     
野生生物実態調査  防鹿ネット    植生保護柵 
  左から幅の広い尾根が近づいてやがて合流する。

中ノ沢と水晶崩レノ沢の中間尾根だ。
一見なだらかのびやかだが下部は急激に落ち込んでいる。

樹相がモミの木から疎林に変わってくる。下草も、背の低いササが目立ってくる。  
左からの尾根と合流する     
  木の枝に黄色い板がぶら下がっていた。御成マット…と読めた。

※御成マットクラブ
鎌倉にある御成小学校が発祥の体操クラブ。
毎年夏休みに丹沢観光センターでキャンプを行い蛭が岳の登山に挑戦していた。
観光センターの閉鎖に伴い2004年以降は別の場所でキャンプするようになった。
                        (「御成マットクラブのあゆみ」より一部引用)


「御成マットクラブ」の黄色い板札は市原新道を歩くよい目印にもなっていた。
黄色い板は古びて文字もかすれてきたけれど木に巻かれている紐は比較的新しい。
市原新道を歩く目印として、どなたかが紐を付け替えたのかもしれない。 
黄色い板札     
  比較的なだらかだった登りがしだいに急になってくる。
ササ原に刻まれた踏み跡をジグザグに追う。

傾斜が急なため高度がどんどんはかどる。
御成マットクラブの黄札が急登を頑張る励みになる。


傾斜がゆるんできた。草原の上部に出て振り返ると…。
 
ササ原の急登     
     
 焼山方面  宮ヶ瀬方面   丹沢三峰方面 
  植生保護柵の脇から
蛭ヶ岳山荘テラス前広場に出る。

玄関近くにある祠に
無事到着と下山の安全を祈願して山頂へ。 
 
蛭ヶ岳山荘    山頂へ 
  正面に富士山がくっきり見えた。その右に南アルプスの白い峰々の連なりも見えた。

あれは三国山稜、あれは檜岳、あれは権現山、あれは大野山、あれはシダンゴ山・・

今年蛭ヶ岳を指差し眺めた山々を一つひとつ同定できたことが嬉しかった。
こちらから見えるものはあちらからも見える。
当たり前のことだけど何か新しい法則を見つけたような気がして。 
富士山と西丹沢の山々 (カーソルを重ねると…)     
  よく晴れていたが冷たい風の強い日だった。
昼食準備の為に手袋を外すと指先がジンジンした。

コンロを出してお湯を沸かす。周囲の景色を肴にお汁粉で乾杯!
熱くて甘い飲み物が身体を内部から温めた。

「いいなぁ」、「いいねぇ」。
これほど展望の良い山頂は久しぶり。ゆっくり過ごし、下山を始めたのは13時に近かった。 
昼食     
  正面に鬼ヶ岩ノ頭方面を見ながら下って行く。

冬枯れにしてはずいぶん見通しが良い。
振り返ると山頂に至るブナは
ほとんどが立ち枯れていた。

シカの過密化、ブナハバチの大発生、
大気汚染…。

人間の活動も
原因の一つであることが悲しい。 
 
鬼ヶ岩ノ頭・不動ノ峰方面    蛭ヶ岳を振り返ると… 

熊木沢を挟む南西方向の展望が素晴らしい。 
 
     
 鍋割山稜〜雨山峠  檜岳山稜、朝日向尾根(右手前)   同角山稜、富士山、檜洞丸 
    鬼ヶ岩への登り返し。

鎖場もある急登。
だが距離は短い。

二つの大きな岩が
鬼の角のように見えるのだ。
 登り返し 鬼ヶ岩   

鬼ヶ岩からの展望も素晴らしい。  
 
     
 富士山方面  蛭ヶ岳   市原新道と袖平山・姫次方面 
  登山道を離れ、
植生保護柵の脇から下り始める。

柵に沿って踏み跡を追うと
やがて右に回り込んで白馬尾根に乗る。 
 
柵にそって下り始める    白馬尾根 
  稜線の北側に位置するこの尾根のブナは元気が良い。

そういえばやはり北側の市原新道のブナも見事だった。
海側の風(南風)が立ち枯れの原因である汚染物質を運んでくるのだろうか。 
ブナ    
  雪の季節、積もった雪が馬の形を作り白馬尾根の語源となった草原。
この草原の両脇にも植生保護柵が張り巡らされていた。

柵の一つに施設管理票がくくりつけられていてH23年度と刻印してあった。
草原の中央付近にある青い狩猟禁止看板の近くには新しい資材が積まれていた。
登路の脇に小さな杭の列が見えたから、保護柵はまだ作られるのかもしれない。 
植生保護柵が…     
  柵に沿うように尾根のやや左側(中ノ沢側)に進む。
比較的なだらかだった尾根が急な下りに変わる。
冬枯れた木々の中でアセビの緑がよく目立つ。

初めてこの尾根を歩いた時は(2002/03/09)雪があった。
雪の照り返しがまぶしかったこと、
表面が凍っている雪面の踏み抜きに難儀したこと…を思い出す。 
柵の左側へ…     
  植林帯の上部まで下ってきた。

やはり初めて歩いた時のこと、今まで暗かった植林帯の急登から解放されて
振り返った風景の素晴らしさに思わず「ワォーッ」と叫んだことを思い出す。

その時に見た風景は10年過ぎた今も変わらない。 
植林帯の上部から…     
     
榛ノ木丸   宮ヶ瀬方面    丹沢三峰
  植林された林の中を下る。

傾斜は急だが仕事道がジグザグに刻まれている。所々階段状の土留めもある。
木々の下枝はきれいに落とされている。よく手入れされている植林帯のように思う。 
植林帯を下り     
  やがて仕事道は右へ右へと山腹を回り込み小さな窪に出る。
窪に沿って数分下ると鹿柵の門扉が見えてくる。
門扉を抜けるとすぐ下が雷平だった。
 
雷平へ     
  この渡渉点の丸木橋も流されている。

飛び石で越えることもできそうだったが次にも渡渉個所があるため、
濡れても構わない運動靴に履き替えた。

水は冷たい。しかし足先は歩いているうちに暖かくなる。
濡れたズボンも歩いているうちに乾いてくる。 
渡渉点     
     
 雷平を振り返る  次の渡渉点   岩場のへつり 

岩をへつった先が最後の渡渉点。その近くの岩場で若い女性が休憩をしていた。
お湯を沸かしていたからコーヒータイム(?)のようだった。

「こんにちは…」
軽く挨拶を交わして右岸から左岸にジャブジャブと渡った。

運動靴を登山靴に履き替えている時、ティータイムの終わった彼女らが立ち上がりザックを背負った。
そしてかなり距離がある(と思える)石の間をねらい定め、ぴょーんと飛び越えた。
大滝まで往復した帰りとのこと。流れの中を歩くボク等を見て驚いたと…。

大滝まで3ヶ所ある渡渉点を全て飛び石で越えたことになる。ザックの重さに違いがあるにしても、
年を重ね慎重になりがちなボク等に比べその思い切りの良さに驚いた。  
  少し遅れてボク等も歩き始めたが水平道の途中で二人に追いついた。

桟橋や木橋を歩くとき、ロープを使って下るとき、かなり慎重だったから
石の間を飛び越えるという思い切りの良さは「若さ」の特権かもしれない。 
水平道を歩く二人     
  伝道からは
今日の山行を振り返りながらのんびり歩く。

魚止橋の伝道側に
自転車がくくりつけてあった。
早戸川林道を
自転車で上がってくる脚力に驚く。

陽の落ちる時刻が最も早い季節。
真っ暗な林道の走行は怖い。
自転車の持ち主は
暗くなる前に帰ってきただろうか。 
 
伝道    自転車が… 
  ボク等は予定通り、明るいうちに魚止橋に着いた。
朝停めてあった車はなくなり残っているのは2台だけだった。

そのうちの1台がボクら、もう1台は二人パーティのものだったから
二人パーティの車が走り去った後はボク等だけとなった。 
無事下山     
  暗くなり始めた林道を下る。早戸川林道から荒井林道、虹の大橋へ。

大橋を過ぎる辺りから渋滞が目立ってきた。
宮ヶ瀬湖園地でジャンボツリーなどクリスマスイベントが行われているのだった。

年の瀬が近づいている。今年の山行も無事に終了できそうなことに感謝。 
宮ヶ瀬湖のイルミネーション     
     

「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ  Top