ママチャリで行く
相模川芝ざくらまつり
2015年04月16日(木) 


  毎年4月、相模川新磯地区・相模川左岸の堤防で芝ざくらまつりが開かれています。
通称「芝ざくらライン」と呼ばれ、その長さは約1.4km。日本一を誇っているとか…。
今年は4月5日(日)〜4月19日(日)。機会があれば行ってみたいと思っていました。 



     
  その日(4/16)は良い天気でした。
予定していた作業も早めに終わり、そのまま新磯地区に向かうことにしました。

作業していた淵野辺を出発、上溝−昭和橋と自転車(無変速のママチャリ)を走らせ、
昭和橋からは相模川左岸沿いの堤防の上を進みます。 
右に相模川河川敷を見ながら…     
     
  新八瀬川橋の向こうに
三段の滝芝生広場が見えてきました。
ベンチで休んだり木陰で
お弁当を広げたりしている人も見えます。

自転車を止め、
ボクも一息入れることにしました。
緑の芝生の向こう、
相模川をはさんで
丹沢の山並みが霞んでいます。 
 
八瀬川(新八瀬川橋より)    芝生広場が見えた 
     
  すぐ先が三段の滝。
鳩川分水路から
相模川に流れ落ちる堰堤が三つ。
なるほど三段の滝です。

この付近、
ゆったり蛇行する相模川や
相模川に合流する鳩川・八瀬川
そして春らしい空気に霞む
丹沢の山並みがうららかです。 
 
三段の滝   鳩川 
     
  三段の滝下流広場に大凧の骨組みが見えました。

5/4(月)、5日(火)、相模大凧まつりが上磯部会場、下磯部会場、勝坂会場、新戸会場の
4か所で行われます。

ここはその一つ上磯部会場。準備は着々と進んでいるようです。  
相模大凧まつりの準備    
     
  さがみグリーンライン(散策路)はジョギングやウォーキング、サイクリングの人たちが
たくさん行きかっています。

ボクも周りの動きに合わせゆっくり自転車を進めます。 
散策路     
     
  左手の土手に看板を見つけました。

相模原市登録史跡
 上磯部の土塁

 
 この土塁は、長尾景春の反乱の際に景春方の拠点「小沢城」の支城として築城された「磯部城」に
 伴うものではないかと考えられています。
  発掘調査により、土塁の北側にかつて堀があったことが確認されましたが、時期を決める遺物は出土していません。
  城の中心は現在の御嶽神社や能徳寺の付近だったと推測されています。
   注 個人の所有地につき、敷地内への立ち入りはできません。
                    登録年月日 平成14年4月1日  相模原市教育委員会


上に上がると土手に沿って雑木林がつながり、右手には人為的に土を盛り上げた跡が
左手の奥には赤く塗られたお社が祭ってあり、周辺には畑がひろがっていました。 
上磯部の土塁     
     
  右手に磯部頭首工を見ます。
昭和8年に完成した磯部頭首工は、
相模川左岸幹線用水路の取水口です。

取水堰の白く泡立つ激しい流れと
やさしいラインを描く
丹沢の山並みが対照的です。 
 
磯部頭首工と…    丹沢の山並み 
     
  芝ざくらラインが見えてきました。
自転車から降り、ゆっくり鑑賞しながら歩きます。
土手をおおう赤や白、ピンクのじゅうたんが見事です。


終点附近に芝ざくらライン誕生の経緯を書いた看板がありました。
以下に書き記します。

名所新戸芝ざくら誕生の経緯
  この芝ざくらは、相模川の環境を守るため、新戸老人クラブ寿会の会員が発起し、平成一四年五月、伊勢原市の
 渋田川から苗を貰い、失敗を重ねて育ててきたことに始まります。
  その後、新戸芝ざくら愛好会を結成し、芝ざくらの特性を生かせる日当たり、水捌け、風通しの良い
 相模川左岸堤防を選びました。市を通じ、県の許可を得て、堤防法部におよそ二〇センチメートルの黒土を
 土盛し、平成一四年九月から平成一六年一〇月までの間に、四回植栽を重ねました。その結果、新戸地域総延長は、
 四メートル巾で八〇二メートルまでに及んだものです。
  この事業は、すべて郷土愛から生まれた、市民の奉仕活動と地元企業の資材提供、労力奉仕、
 および相模原市立新磯小学校児童の協力によって完成したものであります。
               平成一六年一〇月   新戸の環境を守る会 新戸芝ざくら愛好会 会長 川崎喜代治
  ”   
芝ざくらライン 
 
赤や白、ピンクのじゅうたんが美しい     
     
  今年は約半分で
雑草を防ぐシートを張って
植え直したとのこと。

来年は文字通り
花のじゅうたんで埋まるかな…? 
 
植栽された芝桜    一つ一つの株 
     
     
花のじゅうたん  花の富士山も  じゅうたんが続く 
     
  河川敷の広場には
大凧の骨組みが見えます。
それぞれの会場でも
準備は着々と進んでいるようです。
 
下磯部会場       勝坂・新戸会場 
     
  前方に座架依橋が見え、芝ざくらラインも終点近くになりました。

交通整理する警備員さんと顔が会った時軽く会釈をされました。
「お疲れ様です!」
ボクも軽く会釈を返し、会場を後にしました。 
ラインの終点近くで…     
     
  区画整理された周辺には
田んぼが広がっています。

耕耘前の今の季節、
緑の草の中にれんげが満開です。
風にゆれる紫のれんげに
フッと懐かしい気持ちが湧き起こりました。 
 
耕耘前の水田には…    レンゲソウが満開 
     
  JR相模線は単線です。

踏切から左右に伸びる平行線も郷愁を誘います。  
JR相模線は単線   
     
  JR相武台下駅。
レトロなたたずまいがいいですね。

そういえば同じ相模線の
上溝駅は超近代的でした。

どちらが良い
…というわけではないけれど、
歳を重ねたボクには
レトロな方が似合うようです。 
 
昔懐かしい相武台下駅と…    超近代的な上溝駅 
     
相模大野−淵野辺−上溝−新磯−相武台下−相模大野…。「キョリ測」で測るとおよそ28.5km。
歩数計のカウントは4124歩。「ママチャリで移動」だったこともあり、距離の割に歩数は少な目でした。
でもわずか4ヶ月前のボク、通常だったらバイクで移動していたことでしょう。  
     

     
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ  Top