花を楽しむ
相模原北公園
2017年06月20日(火)



     
 
「アジサイが満開の頃、また来たいね。」
…と言っていたのが2週間前(2017.06.06)。

2週間後、その日はすぐに来た。梅雨入りしているのに暑い日になりそうだった。
帽子、サングラス、日傘(妻)など日焼け防止グッズを用意し、9時45分余裕をもって家を出た。  
今日も良い天気     
     
10時30分橋本駅。11時発のコミュニティバスに充分間に合った。
…というより待ち時間が多すぎる。ちょうど出発間際の上大島行路線バスに乗った。

車内は混んでいた。
「アジサイがどうの…」という会話からアジサイがお目当ての同じグループのようだった。
上中の原バス停でメンバーが下りると、車内は急に空席が目立つようになった。

コミュニティバスは住宅地をぐるぐる回るけれど、路線バスは路線に沿ってスイッと走る。
北公園南入口で降りた時、家から1時間ちょっと、まだ10時50分だった。
     

     
  プロムナードからアジサイの丘に向かう。   
公園Map(相模原市まち・みどり公社HPより  
     
     
相模原北公園南側入り口  芸術のプロムナード   アジサイ園へ 
     
  アジサイ園展望台を中心に前回は右回りに歩いた。
今回は左回りに歩く。

お目当ては郷土の森手前のアナベル。
純白の斜面をぜひ見たいと思ったから。  
アジサイの丘を右に見ながら     
     
手毬のように丸いアナベル。斜面を彩る純白のアナベルは期待以上だった。   
     
     
     
  カシワバアジサイ。
モコモコした質感に
つい触れてみたくなる。   
 
     
     
  郷土の森から野草園へ。 

自然を生かした森は
小動物にも野鳥にも住みやすい環境。

すぐ目の前の水場で
水を飲むドバトを見る。 
 
 安全な森   水を飲む 
     
     
  散策路に沿って進むとバラの階段。

階段のてっぺん
洋風の東屋が洒落ている。
 
バラの階段    東屋 
     
  何枚も何枚も撮った。
どの写真をUPしたらよいか迷うくらいに。 
 
     
     
     
     
   いつの間にか11時30分に近かった。
「混む前に食べようか。」

弁当は買って来なかった。総合体育館に食堂があり食事できることが分かっていたから。
でも今はアジサイが最もキレイな季節だ。食堂が混み合う前に行くことにした。  
総合体育館     
     
  3階レストランのテーブル席はほぼ満席だった。
窓際のカウンター席に空を見つけて座った。

城山と小倉山の間に薄く霞む道志の山々を眺めながら食事した。
カキフライ定食+ドリンク(コーヒーなど)自由で¥960は手ごろなお値段だと思う。

食事が終わって外に出ようとしたとき、
入り口ドアの外にまで食事待ちの列ができていた。
早めに行動したのは正解だった。 
小倉山〜城山を見ながら     
     
     
  食事のあと
今度はアジサイの丘を左に見ながら
水辺の広場に向かった。
 
アジサイの丘を…    左に見ながら 
     
美しさは目に焼き付けなさい! と言われるけれど、ついカメラを向けてしまう。
何回も何回も立ち止まりシャッターを切った。フィルムカメラだったらこんなに撮れない。  
     
     
     
     
     
     
  水辺の広場の池に、2羽のカモがゆったり泳いでいた。

絶好の被写体だな…とカメラを向けた時、急に水面から飛び立ち林の奥に消えた。 
飛び立つ     
     
東屋のある広場をはさんで花ショウブ田。前回より花の数が少ないように思えた。
近づいてよくみるとしおれている花が多かった。ショウブの花の一番美しい時期はもう過ぎているのだった。  
     
     
     
     
  水の流れる階段に沿う花木園

段々に咲く花々も
見ごろはそろそろ終わり
…という感じだった。

それでも花一つ一つの個性は、
やっぱり強烈な印象を残す。 
 
     
     
     
     
管理事務所の前を通り梅林を抜けてピクニック広場へ。 

ゆるい円頂状の芝生広場。
駆けまわる子どもたちが周囲にいないことを確かめて妻が言った。
「リハビリだよ。杖なしで歩いてみようよ。」 

進む方向の10mほど先を見つめ一歩、二歩…と歩いてみた。
     
  頭の中で振り子が揺れるような感じで
足元がフワーンとよろめいたが転びもしないで歩くことができた。

「背中が曲がっているよ。もっと背筋を伸ばして!」
頑張ったね…と言ってくれるかと思ったのに妻は厳しい。

今度は50m〜60mほど先の立ち木を目標にして歩いた。
少しふらついたが、両手の振りでバランスをとりながらゆっくり歩いた。

「うん、さっきよりずっといい。ホラ…。」
デジカメのモニターを見ると、なるほど背筋も足もしっかり伸びている。 
 ピクニック広場    
     
  歩いたのはわずか10mほどだけど、
入院前と変わらない歩行姿勢を見て、
ちょっぴり自信が持てた。

・第3者の目で見てもらうこと。
・アドバイスを素直に受け入れること

周りが安全な場所でだったら、
もっとチャレンジしてみたいと思った。 
 
背筋を伸ばして    目線は50m〜60m先に 
     
     
  広場からバラ園の先、雑木林への入口付近に”ようこそ アジサイ園”の説明板がある。

ようこそ アジサイ園
≪アジサイ園について≫
 相模原北公園のアジサイ園は平成12年6月に開園し、およそ200種、10,000種のあじさいが植えられています。
 アジサイは相模原市の「市の花」ですが、日本をはじめ中国やアメリカなどが原産です。江戸時代には、
オランダ商館員をはじめ、来日した西洋人らによって日本のアジサイが本国に持ち帰られました。明治時代
にも数多くのめずらしいアジサイが日本で発見され、ヨーロッパに渡りました。今では、欧米でそれらが栽培され
品種改良されて、華やかな西洋アジサイとして、再び日本にはいってくるようになりました。
 このアジサイ園では、「和、洋アジサイの出会い」がテーマとなっており、和品種の中でもよく知られている
ホンアジサイ、ヒメアジサイの他、北米、スイス、フランス等からの外国種や西洋アジサイ種などを
観賞することができます。
     
≪ここで鑑賞できる代表的な花≫
 和品種:ホンアジサイ、ヒメアジサイ
 外国種:ヤエカシワバアジサイ、アナベル
 西洋アジサイ種:ブルースカイ、ミセス・クミコ


絵地図によりと、アジサイ園では以下のように植栽されているそうだ。
アジサイの山やアジサイの谷:主に和品種ゾーン。
アジサイの丘:西洋アジサイ種ゾーン。
郷土の森ふきんの斜面:外国種ゾーン。



写真を撮りながら覚えようとしたが、あまりに品種が多くてすぐに記憶がとんでしまう。
なにしろこの公園だけで200種、10,000株のアジサイがあるのだから。
     
     

     
アジサイ園で…     
     
林の中に楚々と咲くアジサイが良い。  
     
     
     
     
     
     
     
丘の上で陽を浴びて咲くアジサイも良い。  
     
     
     
     
     
     
     
斜面いっぱい白く彩るアジサイも良い。  
     
     
     
     
     
     
     

     
色とりどりのアジサイを心行くまで楽しみ、上中の原バス停に14時25分。
橋本−町田−相模大野と、バスと電車を乗り継いで家に15時21分。

後日、西丹沢・特に地蔵平や世附川流域の山々を一緒歩いたり
お世話になったりしたyamanokoさんからメールが届いた。

・同じ日のほぼ同じ時刻、yamanokoさんも北公園を訪れていたこと。
・ひょっとしたら公園のどこかですれ違っていたかもしれないこと。

同じ時間、同じ空間を共有しながらお会いしお話できなかったことを残念に思う。  
     

     
「富士・箱根・丹沢・道志 index」のページへ  Top