編笠山−西岳−権現岳−三ッ頭−天女山
2002年8月22日(木)〜23日(金)


西岳から赤岳方面を見る




8月23日(木)〜24日(金)、南八ヶ岳:編笠山−西岳−権現岳−三ッ頭−天女山を歩いてきました。今回は久しぶりのパーティ登山で、パートナーは息子。6年ぶりの父子登山です。


【登山日】 2002年8月22日(木)〜23日(金)

【マップ】 昭文社エアリア「八ヶ岳」

【行 程】
      8月22日(木)  天気 晴れ時々曇り
      JR小淵沢駅8:40…(タクシー)…観音平8:55/9:15…雲海10:00/10:10…
      押手川10:45/11:00…編笠山12:15/12:40…青年小屋13:00/13:40…
      乙女の泉13:45/13:50…西岳14:35/15:10…青年小屋(泊)16:00

      8月23日(金)  天気 曇りのち雨
      青年小屋6:15…のろし場6:45/6:55…権現小屋7:30…権現山7:40…
      三ッ頭8:35/9:00…前三ッ頭9:30…1859m10:45/10:55…
      天ノ河原11:35/11:45…天女山12:00/12:25…JR甲斐大泉駅13:15

【メンバー】 2人(s−ok、息子)




8月22日(木)  編笠山・西岳


 4時に起き、身支度を整えて5時に家を出た。2日前、ネットで調べた「小淵沢に一番速く着く」ための行程だ。町田−八王子と乗り換え、高尾始発6時15分の松本行き普通電車に乗れば一安心。空いたボックス席に向かい合わせに座り、ボクと息子は足を伸ばして眠っている。

 甲府を過ぎた辺りら青空がのぞきはじめた。窓の外・進行方向左手に地蔵岳のオベリスクらしいとんがりがチョコン。その右手に摩利支天を従えた甲斐駒ヶ岳。7年前息子と歩いた早川尾根が電車の進行に従い、少しずつ姿を変えながら見えている。


 車窓右手に八ヶ岳連峰も見えてきた。スーッと伸びた裾の丸い頂点とその左手の円頂、今日はあの編笠山と西岳が目標だ。

 8時29分小淵沢駅に到着。駅前で客待ちしていた1台のタクシーは先行するグループが乗ってしまった。大きく伸びをして次のタクシーを待つ。八ヶ岳方面を見ると、いわし雲がまばらになり信州側からの雲がわき始めている。
小淵沢駅でタクシーを待つ


 10分ほど待つと次のタクシーが入ってきた。トランクにザックを入れ後部シートにおさまる。正面に編笠山を見ながらタクシーはどんどん高度を上げていく。後ろに見えるはずの南アルプスは薄く霞んでいる。

 8時55分観音平。居ながらにして標高1560mの世界に着いてしまった。7年前観音平から小淵沢駅まで2時間もかけて下ったことを思うと雲泥の差だ。

 小広い無料駐車場には10数台もの車が止めてある。ボクらはグリーンロッジに向かいまずは水の補給。2リットルの水は息子、ボクは食料係。パーティを組むと荷物の分担が出来る分都合が良い。
観音平駐車場から編笠山と三ッ頭を見る


 さぁ、歩き始めよう。それぞれの荷物を背に9時10分に出発。遊歩道のようなゆったりした登山道に入る。ササとカラマツにおおわれた気持ちよい尾根道を快適に登っていく。

 左手に展望台から上がってくる道と合流するところが雲海、10時。南側の展望が開けているが南アルプスは霞んで見えない。ここらあたりからシラビソやツガが目立つようになる。
雲海を過ぎるとシラビソが目立つようになる


 道が少し急になってきた。沢の源頭部のような岩ゴロの道をひと頑張り、10時45分に押手川。

 小広い平坦地の周りはツガやシラビソの原生林、苔むした岩は湿っぽく深山に分け入った感じの雰囲気の良いところだ。

 息子はあちこちに自分のデジカメを向けてシャッターを切っている。
深山に分け入った感じの押手川


※押手川にあった説明板
 標高2200メートル うっそうたる森林に冷気を感じ あたり一面は苔におおわれた平坦地。 その昔、ここを訪れた登山者が水を求めて手で苔を押し探したところ コンコンと清浄冷水が湧き出たことから、押手川と言われた。観音平から1時間30分 登山者の休息地として最適である。


 右手に行けば青年小屋への巻き道。ボクらは左手・編笠山に向かう急な登りに入る。大きな木の根が張りだしている。苔むした大きな岩がゴロゴロしている。かなりの急登を一歩また一歩。

 原生林帯を抜けハイマツ帯に入った。視界が一気に開けてきた。眼下に緑一面の原野が広がっている。その向こう、南アルプスは湧き上がる雲の中。
巨木の根や大きな岩の間をぬう急登


 12時10分編笠山に到着。遠目に見るとなだらかそうな丸い頂は、ハイマツと大小様々な岩の累々と積み重なった山頂だった。

 北にギボシと権現岳。ギボシから左手になだらかな稜線が伸び、その先にぴょこんと突き出ているピークが西岳。稜線の上に見えるはずの赤岳や阿弥陀岳はその山頂をガスにおおわれている。南方向・釜無川を挟む緑濃い平地の向こうに見えるはずの南アルプスの峰々は低い雲に隠されている。
山頂標識の向こうに権現岳を見る


 岩の上にザックを下ろしたらアイスコーヒーで乾杯! それからリンゴ1個を2等分。

 周りの写真などを撮っていた息子が叫んだ。
「あっ、大変!」
見ると登山靴のビブラム底が剥がれている。6年前まで履いていて山に登らなくなって以降ずっと押入につっこんでおいた靴だ。ブラブラしている靴底を引っ張ったら一気に全部剥がれてしまった。手入れもせずにしまいっぱなしだったのがいけなかったのだろうか。

 ヤムを得ない、多少はボクの方が歩き慣れているだろう。ボクの履いている革製の登山靴と交代しよう。こんな時足のサイズが同じだから便利(?)だ。靴底に多少の不安はあるが予定通り西岳に向かうことにした。


 12時40分山頂を後にする。ハイマツ帯の下方に青年小屋を見ながら一気に下る。ハイマツ帯を抜けると巨岩の累々と積み重なる露岩帯。岩のペンキマークに注意しながら下りきれば13時に青年小屋。

 宿泊手続きをしたらすぐに部屋に案内された。1階左側一番手前「ひがら」という部屋の隅に十数組の布団がたたんであった。
「今日は何人ぐらい泊まるんだろうね。」
と息子は言っていたが、前にボクが泊まったときは6畳ほどの部屋に一人だけだった・・。
岩ゴロを下って青年小屋へ


 うどんと中華丼の昼食をとり、アタックザックにペットボトルと少々の食料を入れたら13時40分西岳に向かう。

 平坦な道を5分ほどで「乙女の泉」。落ち口の奥の方の立木に「此の所 古来ヨリ 金命水ト云フ  富士見町保存会」と書かれた古びた看板があった。古来の名前の通り大地から染み出たばかりの水は手が切れるほど冷たくてうまい。

 帰りに2リットル補充することにして、ここでは500ミリのペットボトルに水を補給する。
乙女の泉(金命水)で・・


 源治新道と書かれた登山道をゆるく登って行けばわずかでギボシから続く稜線に出る。あとはほとんど平坦な道。シラビソの原生林と苔むす倒木。・・・雰囲気の良い尾根道を淡々と進む。

 中間の小ピークは開けていてギボシや権現岳のゴツゴツした岩峰と編笠山のなだらかな曲線の対比が美しい。
なだらかな曲線を見せる編笠山


 最後に急登を一頑張り、14時35分に西岳。山頂標識の下に「御嶽神社」とか「権現大菩薩」とか書かれた古い石柱が転がっている。西岳は信仰の山でもあるのだ。しかし今いるのはボクら二人だけ。

 北東方向・樹林の上に阿弥陀岳や赤岳が頭をのぞかせている。東側にはギボシの岩峰から編笠山に続くなだらかな曲線。そのたわんだ曲線の向こうに見えるのは三ッ頭。

 南アルプス方面の見えないことが残念だが今の大展望にも充分満足だ。
西岳は信仰の山


 息子は岩を枕に眠っている。ボクはデジカメを片手に山や花の写真を撮り歩いている。主要登山道から少し離れているおかげでこんなにも静かな山頂。

 ・・・ボクらは心行くまで自然に浸りきっている。
マツムシソウの向こうにギボシを見る


 30分以上時を過ごして出発は15時10分。「乙女の泉」で水を満たしたら小屋の周りを散策。ヤナギランやまだ蕾のクロユリ、オタカラコウ、ヤマハハコ、・・小屋の周りは花でいっぱいだ。

 小屋の南側・露岩帯越しに西岳を撮ろうとしたとき、目の前を獣が走り抜けていった。茶色で体長は50cmほど。カメラを構える暇もなく敏捷に岩を飛び越えハイマツの中に消えた。あれはオコジョ? テン? ・・?
西岳を撮ろうとしたとき、走り抜ける小動物を見た


 部屋にはボクら二つのザックが置かれただけだった。布団を敷こう。8畳ほどの部屋に寝るのはボクら二人だけ。

 そのうちに本当に寝てしまったようだ。「食事の用意ができました」の声で目が覚めたのは5時30分頃。
8畳ほどの部屋にボクら二人だけ


 談話室に集まったのは4人組みのファミリー、夫婦、単独の登山者、それにボクらの9名。後の数名は自炊らしい。

 メインはアジフライ。他にゴボウサラダや煮物など。冷や奴の付いているのが嬉しい。豚汁がおいしくてついおかわりまでしてしまった。
青年小屋の夕食


 食事が終わって部屋に戻るときに廊下の温度計をみたら12度だった。建物の中でこの気温だから外はかなり冷えているはず。まだ8月だが山は確実に秋に向かっている。部屋に入ると毛布をもう1枚出し、7時には寝てしまった。




編笠山・西岳 権現岳・三ッ頭・天女山




ページのTopへ
「ようこそ! 八ヶ岳」へ