天狗岳〜硫黄岳〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳

夏空の下
八ヶ岳ゴールデンコースを歩く

クリックして下さい Map

【登山日】 1999年8月2日(月)〜4日(水)
【行  程】 8/2 JR茅野駅10:15…奥蓼科11:05/11:15…黒百合ヒュッテ1:15/1:30…
         天狗岳2:30/2:45…黒百合ヒュッテ3:30
       8/3 黒百合ヒュッテ6:00…東天狗岳7:05/8:05(西天狗岳往復)…
         根石岳8:30…夏沢峠9:15/9:30…硫黄岳10:30/10:50…
         横岳11:50/12:15…赤岳頂上小屋1:50
       8/4 赤岳山頂6:10…阿弥陀岳7:30/8:10…御小屋山10:15…美濃戸口11:55
【同行者】 単独


8月2日(月) 晴れ

 11時15分、奥蓼科・渋御殿湯を出発。八方台までの急登を経て、唐沢温泉分岐まではなだらかな樹林の中を行く。分岐からは沢に沿い岩がゴロゴロした道。

 奥蓼科で水の補給を忘れた。途中、ミカンで喉を潤す。

 1時15分、ひょっこりという感じで黒百合ヒュッテの前庭に出る。5月にも訪れた山小屋だ。そのたたずまいが懐かしい。

 

 まだ時間が早い。天狗ノ奥庭を経て東天狗岳まで登ることにした。

 緑が濃く、灰色だった5月とは別天地の世界だ。
2時30分に山頂。素晴らしい天気だ。淡く青い空気の中に蓼科山が浮かんでいる。

 中山峠まわりで黒百合ヒュッテへ。
 夕食後、天気予報を見る。「九州・四国は大雨、しかし太平洋高気圧の張り出しが強く、中信地区は明日も晴れ」との予報。


8月3日(火) 晴れ

 6時にヒュッテを出る。中山峠を経て7時5分に東天狗岳。ザックをデポし、空身で西天狗岳を往復する。

 西天狗岳はハイマツにおおわれた小広い山頂だ。ぐるり360度の好展望台。

 空は高く澄み、行く手、硫黄岳の円い山頂と赤岳の突塔が登高欲をさそう。

 

 10時30分、硫黄岳。
 横岳の岩峰が荒々しい。赤岳〜中岳〜阿弥陀岳がますます大きく近づく。

 夏の盛りとあって、登山者も多い。ファミリーや女性グループの元気さが目立つ。

 

 硫黄岳山荘の付近は、斜面一面コマクサの淡いピンクにおおわれていた。しかし横岳の登りにかかると様子は一変し、岩場・鎖・梯子の連続となり、ここ地蔵尾根への分岐まで続く。

 小さなお地蔵様の横にザックを下ろし一休み。
横岳の岩峰を振り返る。佐久側から少しガスが上がってきたようだ。

 

 1時10分、天望荘。「本日の夕食のメニューは・・・」と入り口に張ってある。天ぷらなど10
種ほどのおかずが書かれていた。少し迷ったが時間はまだ早い。明日の日の出を期待してさらに上の頂上小屋をめざすことにする。

 鎖場・急登の連続が続くが1時50分には赤岳頂上小屋に到着。間口が狭い割に奥行きがあって、なかなか広くてきれいな山小屋だ。

 シーズン盛りの割に空いていて、2畳に一人の割合。手足を伸ばしてゆったり眠ることができそうだ。

 寝る場所を確保してから外に出る。薄いガスが出てきてすぐ先の南峰さえ見ることができなかった。食堂に戻ってコーヒーを沸かす。近くの人と山談議。


8月4日(水) 晴れ

 4時過ぎ、回りの声で外に出る。まだほの暗いにもかかわらず、山頂は登山者でいっぱいだ。

 東の空の赤みが増し、オレンジから金色に変わる頃、太陽が顔を出し始めた。日の出だ!
ゆっくりと、しかし着実に上がっていく。空の青はますます濃さを増している。

 一面の雲海。風が強い。今日も晴れる予感!

 

  登山者の顔も防寒具も真っ赤だ。新しい一日を迎える喜びで、どの顔もほころんでいる。

  赤岳主峰の向こう、厚い雲海の中で胸を張っているのは南アルプス。一つひとつの峰々が、今夜明けを迎えようとしている。

 

  ゆったりと流れる雲の海の中、ちょっぴり頭をのぞかせている阿弥陀岳の山頂にも日の光が当たり始めた。 中岳はまだ闇の中。

  はるか遠く、御岳山と乗鞍岳が霞んでいる。

 

  朝食の後、支度を整え再び赤岳主峰へ。 空がますます青く、来た道を浮かび上がらせている。

  手前からゴツゴツした感じの横岳、円くおおらかな感じの硫黄岳、双子が寄り添う感じの天狗岳。

 

  行く手を見る。雲海に沈む権現岳の向こうは南アルプスだ。

  あれは仙丈、あれは甲斐駒、あれは北岳…
特徴のあるピークの一つひとつが懐かしい。

 

 山頂の眺めになごりはつきないが、出発することにしよう。6時10分、山頂を後にする。

 山頂からすぐに梯子。続いて鎖場やガレ場が文三郎尾根の分岐まで続く。中岳を登り返し、再び阿弥陀岳への急登。見た目よりも簡単に、7時30分には阿弥陀岳の山頂に着いた。

 

  ガレ場の急登にもかかわらず、阿弥陀岳の山頂は円く穏やかだった。

  ハイマツにおおわれた小広い山頂から来た道を振り返る。硫黄岳はほぼ目の高さだ。

 

  8時10分、山頂を後にして御小屋尾根に踏み込む。阿弥陀岳をめざす登山者のほとんどは、行者小屋方面に下りていく。御小屋尾根方面に向かうのはボク一人。

  小さな岩塔を回り込んだら、いきなりの急な下り。ざらざらの岩くずに足をとられないよう、ハイマツの根や枝につかまりながら慎重に下る。登ってくる登山者2組二人に会う。日帰りだそうな。・・・すごい健脚!

  水場をすぎるあたりから平坦な下りになる。小さなアップダウンを繰り返しながら、10時15分に御小屋山。
  地図を開いて考えた。直進は観音坂を経由して美濃戸口、右手は尾根にそいながら美濃戸口へ。右手の方が近そうだ。
  右手に入る道を探すと踏み跡があった。立木に付けられた標識は直進をさしているが、見つけたばかりの右手の踏み跡に入る。

  しばらくはゆるやかな道、やがて急な下り坂になった。所々に塔婆と立木に巻き付けられたテープが見られる。しかし道は一般的な登山道ではなく、完全な踏み跡に変わっていた。…目印はしっかり付けられている、このまま下ろう。
  沢の音が近づいてきた。樹林越しにチラホラと登山者の姿も見える。下りた所は南沢・美濃戸山荘から見える堰堤のすぐ上部だった。11時5分。(美濃戸口に直接下るはずだったのに…。やっぱり標識にはきちんと従わねば…という教訓。)

 

  小松山荘付近から阿弥陀岳を振り返る。本当は、この先の林道歩きを省略したかったのだが…。

 

  炎天下の林道を歩くことおよそ50分、11時55分に美濃戸口。八ヶ岳山荘で風呂に入ったあとはもちろんビールで乾杯! 1時9分には茅野行きのバスの中。

 

「八ヶ岳」目次に戻る